リフォーム・リノベーションについてよくある質問。違いはどこにあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はリノベーションに興味はあるけども
そもそもリノベーションってなに?
という方に向けてよく頂くご質問にお答えさせて頂きます。

Q:リフォームとリノベーションって何が違うの?

A:実は、リフォームとリノベーションには、
厳密な境界がありません。

ただ、家づくりのプロの視点で言うなら、
最大の差は、それぞれが目指す
「ゴール」
のちがいにあると思います。

リフォームの場合、主眼は「修繕」にあり、
可能な限り新築に近い状態に戻すことが大前提となります。

これに対してリノベーションは、単に修繕するのではなく、
今ある中古物件の構造や経年変化による味わいを活かしながら、
次に住む人のライフスタイルをより快適で便利にしたり、
好みのデザインを取り入れたりすることが目的となります。

多くの場合、中古住宅は、前の住人の暮らしに対して
最適化するように工夫されています。

だから、そのまま住むと、どうしても違和感があったり、
不便を感じる部分があったりするもの。

間取りや設備などのハード面から、壁や床の素材といった
質感に対する部分まで、空間を構成する要素を見直し、
自分好みにつくり変えることができる。

それが、リフォームにはないリノベーションの魅力。
そして、そのプロセスやコストをわかりやすく
パッケージ化したのが、弊社のリノベーションというわけですね。

リノベーションはあくまでも、ベースとなる
中古住宅ありきでプランニングや施工を行います。

これは一般のリノベーションでも、共通して言えることです。
だから、柱や梁などを無視して、構造や
間取りを根本的に変えてしまうことはできません。

こう言ってしまうと、
「なんだか自由度が低そうだな。リノベ、たいしたことないな!」
なんて思われる方もいるかも知れませんが、そんなことはありません。

弊社のリノベーションなら、柱や梁を活かしながら
キッチンとお茶の間をつなげたり、外壁を張り替えたり、
床や天井、内壁の素材をお好みの素材、カラーに
コーディネートすることだって可能。
中古住宅を素材に、見違えるような空間をつくることができるんです。

大切なのは、中古物件を素材やキャンバスとしてとらえること。出会った中古物件に、お客様好みの傑作を描きたいなら、ぜひ、弊社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始