【仲介プラン】他社の査定額より1500万円以上高い価格で売れた日本風家屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

私たちが過去にご売却させていただきました物件の
販売事例をご紹介させていただきます。

ご依頼時の売主様の状況

他社での査定額の約2倍の価格で売れた日本風家屋1

売主様からご依頼いただいたのは
真夏の飛び切り暑い日でした。
大変暑い中、ご査定のために時間を
作っていただき訪問させていただきました。

船橋市内にあるその物件は、
市内でもあまりメジャーな路線ではなく
駅から徒歩15分と若干距離のあるエリアでした。
しかも築年数は30年以上。ご両親のお住まいでしたが、
施設にご入居されたのを機にご売却することに決めたそうです。

そこで以前からかかわりがあった大手不動産会社に
査定を依頼したところ、査定金額は約1500万円と、
不動産評価額の2/3ほどの金額で提示されてしまいました。
売主様はご査定額に納得がいかなかったのは
もちろんのこと、それと同時に、ご両親が住まわれていた
思い入れのある家の価値が低い
いわれたような気がして、大変悲しんでおられました。

そんな状況の中、他の不動産会社での査定額と
どれくらい幅があるのだろう、と、一括査定サイトから
当社にご依頼いただいたのがきっかけとなりました。

物件の状況

他社での査定額の約2倍の価格で売れた日本風家屋2

そのご物件は広く限りなく正方形に近いお土地、
広く立派で手入れの行き届いた日本庭園
そしてその庭園を眺めることのできる和を基調とした日本家屋
こんなに特徴が満載のおうちに出会えることはなかなかありません。

売主様に私が感じた物件の良いところをもれなく伝え、
ご希望金額としては3280万円と、
評価額の約150%の売買価格に設定させていただきました。
他社の査定と比べると約2倍の販売価格になりました。

販売戦略

他社での査定額の約2倍の価格で売れた日本風家屋3

先述した通り、綺麗に成形されたお土地と、立派な日本庭園と、
それを眺められる家屋、これらを求めている方は
どこにいるのか、と企画会議をしました。

物件があるエリアは売買物件自体も多く流通しており、
周辺の方が購入するにはハードルがあると判断し、
遠方からこの物件を気に入って移り住んでくる、
というようなパターンを想定しました。

また、日本家屋や日本庭園について調べていた際に、
欧米やアジア圏で和風な建築物が人気が高まっており、
日本の建材の輸出が好調というデータを入手しました。

特にフランスでは「日本の家屋展」という
展示会が5か所で巡業されており、ヨーロッパからの注目度が
高いのではないかと仮定を立て、販売戦略を立てることにしたのです。

戦略の概要


実際に使用した販売図面。和のテイストと英文を使い、海外の方をターゲティング。

  1. 1.海外の方から反応を得られるような物件のタイトルとキャッチコピー
  2. 2.物件の特徴を前面に押し出せるような写真の撮影
  3. 3.暮らしをイメージさせるストーリーの提示

1.海外の方から反応を得られるような物件のタイトルとキャッチコピー

この物件のアピールをするために、掲載するポータルサイトの厳選と
その打出し方にこだわりました。
普通にアピールしても海外の方、もしくは海外出身の方に
見て頂ける可能性は上がりませんので、
工夫が必要だと感じていました。

私たちはこの物件の
タイトルとキャッチコピーに英文を用いてご紹介
させていただきました。

今回は英文の時点で反響をいただきましたが、
中国語、韓国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語など、
各文章を用意して1週間ごとに反応を見ようと考えておりました。

2.物件の特徴を前面に押し出せるような写真の撮影

海外の人に対して、和の物件の良さを伝えるために
和室と日本庭園の写真はたくさん撮影しました。
併せて500枚近く取った中から数点を選び掲載し、
良さを伝えられるようにネット状況を充実させました。

3.暮らしをイメージさせるストーリーの提示

私たちよくばり売却.comでは普通の物件紹介は致しません
物件の良さをアピールするために、ご購入された後は
どんなライフスタイルが待っているのか、という事を
ストーリー仕立てでご紹介させていただきました。
具体的には和室からの庭の眺めや縁側の動線、リビングの広さ
写真とともに紹介させていただきました。

売却結果

他社での査定額の約2倍の価格で売れた日本風家屋4

その結果、10日間で20件と、多くの海外の方からの
お問合せをいただき、その中で3組目にご案内させていただいた
アジア圏のお客様からご購入のお申し込みをいただきました。

ご夫婦ともにお庭の広さと綺麗さに感激し、そのお庭を
眺められる和室が大変気に入ったとお言葉いただきました。

ただ、少々築年数が経っていたという事もあり、
修繕しなくてはいけない箇所もあるという事で、
販売価格から100万円低い、3180万円でのご購入申し込み
いただき、契約に至りました。

もし、万が一、関わりのある大手不動産会社に
任せてしまって約1500万でご売却することになっていたら、
1600万円以上も損をしてしまっていたかもしれません。
最初の査定額と比べると2倍以上の金額で
ご売却できたことで売主様は大変喜んでおり、事あるごとに
ありがとう、ありがとうと言っていただけました。

また、買主様もこの金額には大変満足しており、
「こんな良い物件を都内で買おうと思ったら
たぶん6000万円以上するので、嬉しいです。」

と仰っていただきました。

仲介とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始