家が売れないのには必ず原因があります。それは○○が明確じゃないから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家が売れない理由はどこにあるのか

売りにくい物件について検索していたらこういった記事を見つけました。
===引用
家・マンションは規模も金額も大きな商品なので、販売に関しては売る人も買う人も相当慎重になります。また販売に関わる人の数も多いので「なぜ家が売れないのか」について分析するには、できるだけいろんな角度・立場から考えることが必要です。ここでは家が売れないときにまず考えるべき3つの理由を書きます。
●売り出し価格は市場相場に合っている?
家・マンションが売れないというときは、市場相場と売り出し価格がかけ離れていないかを確認しましょう。
家やマンションには定価がありません。また市場相場は景気などの影響を受けて常に変動しています。そのため売り出し価格は家の持ち主が決めますが、その価格が相場よりかなり高ければ、なかなか購入希望者は現れません。
不動産の価格相場を簡単に調べる方法を知りたい人は「家の価格相場が誰でも今スグ調べられる方法で家の高額売却を目指す」を参照してください。
●物件に問題がないかを確認
価格が市場相場と離れていない場合は、売り出し中の物件に問題がないか見てみましょう。物件の購入希望者にとって見た目の影響はとても大きいです。内見で最初に玄関ドアを開けたときの印象は後まで残りますし、水回りの汚れを欠かさずにチェックする人もいます。
そのためにも物件を再度確認して、汚れている箇所がないか、修理が必要な箇所がないかを念入りにチェックしましょう。
●販売を依頼した不動産業者は大丈夫?
客観的に考えても、価格や物件に売れない理由が思い当たらず、何か月も売れない場合は、不動産業者の変更も考えてみましょう。変更の検討に関しては、媒介契約の更新時期となる販売開始から3ヶ月を一つの目安とすればわかりやすいです。検討するときは、売り出し価格を下げるか、そのままにするかも併せて考えるのがおすすめです。
媒介契約ですが、専属専任媒介には1週間に1回、専任媒介は2週間に1回、不動産業者から売主への定期報告義務があります(定期報告がない場合は法令違反です!)定期報告では、報告日までの営業活動と物件へ問い合わせがあったかを報告します。
なお、一般媒介に報告義務はないとはいえ、こちらから聞かなければ報告をしない不動産業者は売る気がない可能性もありますので、媒介契約を結ぶ際には、きちんと状況を報告してくれる不動産業者を選びましょう。

少しでも家が売れないポイントを消していくために自分たちでできることは何か、その対策についてまとめました。
●家の売り出し価格を市場相場に合った価格か再検討する
売り出し価格を決めるとき、ほとんどの人が事前に不動産業者に査定をしてもらった金額を参考にしているかと思いますが、査定価格と実際に売れる価格が同じである保証はありません。
売り出し価格の見直しが必要な場合は、まず近所で売り出されている物件の相場を確認したり、近くに手ごろな価格の新築物件ができていないかチェックしてみてください。その上で、不動産業者と売り出し価格について再度相談することをおすすめします。ただ、不動産業者と売り出し価格を相談するときは「価格を下げる」ことを前提として話すのではなく、あくまでも物件を相場に見合った「適正な価格にする」ことを頭に置いて話すようにしてください。
不動産の売却査定については「不動産売却査定の価格決定ポイント(家編)」と「不動産売却査定の価格決定ポイント(マンション編)」もぜひ読んでください。
●クリーニングやリフォームをしてみる
物件自体に問題がある場合は多少の出費をしてでも改善した方が買い手の印象も良くなります。部屋の内部に関しては、キッチン・トイレ・浴室などの水回りが汚れていたり、劣化がひどいと購入希望者の買う気を減退させてしまいます。まずは自分で念入りに掃除をしてみて、キレイにならないようだったら専門業者にクリーニングを依頼しましょう。また経年劣化がひどいようであれば水回りだけでもリフォームするのも良い方法です。
●不用品の処分や掃除で家をキレイにする
部屋に物が多い状態だと、見る人はどうしても狭く感じてしまいます。内見が決まった場合は不用な家具・家電は処分した方が部屋をスッキリと広く見せることができます。
不用な家具・家電の処分方法については「家・マンション売却時は家具を処分しないとダメ?」を参考にしてください。
また不用品の処分だけでなく、内見に間に合うように部屋の掃除を丁寧に行いましょう。部屋を広く・明るく見せることで購入希望者に好印象を与えることができます。部屋の中からなるべく荷物を減らして、隅々まで掃除をしましょう。また内見の際にはカーテンを開けて、外の光を取り込むようにすれば部屋の印象も明るくなります。
外観に関しても、庭の掃除を丁寧にしていると敷地を広く見せられますし、駐車スペースに車を止めておかないことも広く見せるのに効果的です。
●不動産業者との関係を再検討する
物件への問い合わせや内見の希望者が現れない場合は、不動産業者の販売活動に問題があることも考えておきましょう。買い手から内見の申し込みなどの連絡があるのが、売れるための第一歩です。連絡すらない場合は不動産業者のPRの仕方が悪い、もしくは積極的に販売活動をしていない可能性があります。「大手の不動産業者だから安心」とか「大手ではないから信頼できない」という先入観を捨てて不動産業者と向き合ってみましょう。
●不動産業者との契約形態を変えてみる
物件の売り主と不動産業者との媒介契約には3つのタイプがありますが、家が売れない場合は、その契約形態を検討してみるのも良い方法です。専属専任媒介や専任媒介の場合は、最終的に物件が売れれば仲介手数料が入るため、ほぼすべての不動産会社が専属専任媒介を希望してきます。他社に邪魔されることなく独占的に物件が扱えるということもあり、手抜きもありえます。それに対して一般媒介は複数の不動産業者と契約が可能なので、競合させる目的で一般媒介を複数の業者と契約する方法もあります。ただ過度に競争させると、逆に不動産会社のリスクが高まるので、一般媒介の複数契約は2~3社にしておいた方が良いでしょう。
●不動産業者を選びなおす
不動産業者には、それぞれ得意分野があります。たとえば賃貸業を中心にしている業者であれば売却活動が苦手かもしれません。また一戸建ての売却を得意とする業者や、マンションの売却を得意とする業者もいます。
もし今の不動産業者がうまくいっていないと感じたら、不動産業者の選び直しも考えてください。売りたい物件が一戸建てなら一戸建ての、マンションならマンションの売却を得意とする業者を探しましょう。業者を見直したいときは、インターネットの一括査定サイトなどを利用します。

===

こう書いてありましたがこれって真実でしょうか?
不動産業者と雰囲気良く密にコミュニケーションをとれば家は売れるんでしょうか。
お掃除をして綺麗にしていれば不動産を売却できるのでしょうか。

家が売れないのは≪対象≫が明確ではないから

上記にあるような、そういったふんわりしたことではなく、私たちは明確な答えを持っています。それは「対象を明確にする」という事です。
マーケティングとターゲティングをしてどういったお客様がこの物件をご購入していただけるのか、それだけが答えとなるかと思います。
例えば上記引用文のお話を例にすると、物件が古くて家具が残っていて生活感があるという物件を欲しいといっていただける人はどんな方なのでしょうか。
私たちはお問合せ頂いたお客様に対して無料でご提案をさせていただいております。
この記事をご覧になって少しでも気になる方は是非一度お問合せ下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始