贈与税の基本―贈与税にもいろんな種類があるって知ってました?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも贈与税とは

贈与とは、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に
与える意思表示をし、相手方がこれを
受諾することによって成立する契約をいいます。

つまり、あげる人の「あげる」という意思表示と、
もらう人の「もらう」という意思表示があることにより、
贈与契約が成立することになります。

例えば、親が生後間もない子どもの預金口座に
現金100万円を振込み、親は子どもに現金100万円を
「あげた」と思っていても、生後間もない子どもは
「もらった」ということを認識するはずもありませんので、
この場合には贈与は成立しないことになります。
したがって、たとえ子ども名義の預金口座であるとしても、
その100万円は親のもの、ということになります。

また、贈与契約は書面による必要がありませんが、
書面によらなかったとき、つまり、
口約束のときは、ものをあげる前であれば、
いつでも取り消しをすることができます

いろんな贈与の種類

(1)生前贈与

贈与者が生存中に自分の財産を無償で他人に与えることです。
一般的に「贈与」と言えば生前贈与を指します。

(2)死因贈与

生前に贈与する旨の契約をするが、贈与者が
死亡することによって初めて効力が生じる贈与のことです。
この死因贈与では贈与税は課税されず、
相続税の課税対象となります。

(3)負担付贈与

贈与者が財産を贈与するかわりに、
受贈者に贈与者の債務を負わせることです。
例えば、父から時価1,000万円(相続税評価額800万円)の
土地をもらう代わりに、父の借金400万円を
返済するといった場合です。
この場合、1,000万円ー400万円=600万円が
贈与財産の価格となります。

※一般的な贈与の場合には、贈与財産の価格は
相続税評価額によりますが、負担付贈与に該当した場合は
「時価」が贈与財産の価格となります。

現在、相続に関するご相談が多く寄せられています。
少しでもお悩みがある方、どんな些細なことでも構いません。
不動産のプロがお答えいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始