「ずーっと探していたんです」エリアの特性を伝える販売方法で売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちが過去にご売却させていただきました物件の販売事例をご紹介させていただきます。

ご依頼時の売主様の状況

売主様はご兄弟で実家を相続されて、管理に困るという事で
ご売却のご相談をいただきました。

それぞれ既にご自身の住宅をお持ちで、相続したお家は
全く使う予定もなく、ずっと税金を払っているくらいなら
売ってしまおうかと仰っていました。

後々わかったことですが、ご両親と一緒に内装のペンキ塗りを
したり、塀のペンキを塗ったりと、手をかけていたこの住宅。
手放すのはいいけれど、出来るだけ大切にしていただけるような
方にお譲りしたい、というお気持ちがあったようです。

 

物件の状況

物件は築40年以上、角地で地形は正方形に近く、
船橋駅からも徒歩圏内だったため、資産的な
価値も見込めると感じました。ただ、1階にも2階にも
キッチンがあり、少し直したら二世帯住宅で充分に
使う事ができるなぁと考え、建物を活かす方向で
売却活動を始めたのでした。

販売戦略

当時、船橋駅への徒歩圏内の住宅が枯渇しており、
市場に出したらすぐに売れそうだなとは思いましたが、
少しでも価値を見出してくれる方に買っていただくために
上記にあるように二世帯住宅にリフォームするプラン
作成して販売活動をしました。

また、船橋駅周辺が地元で、お子様やご両親の為に
購入できるように周辺地域に情報をお届けすることに。

 

戦略の概要

まずはエリアに特化して、チラシを新聞に折り込み、
情報を各家庭にお届けしました。
内容として、

「息子夫婦と住む二世帯住宅」

「両親と住む二世帯住宅」

と、どちらのパターンも作って、複数回に分けて
チラシを配布しました。

また、インターネットでの訴求方法として、
リフォーム後のパースを作成し、写真とともに掲載。

簡易的なビフォーアフターをポータルサイトにて
表現しました。

 

売却結果

 

インターネットを見た、若いご家族からお問合せをいただきました。

実は旦那様のご実家が近くにあったそうなんです。
しかし、紆余曲折あり、旦那様のお父様はそのご実家を
手放さなければならないことに…。

その時から旦那様はずっと、船橋のこの物件があるエリアに
家を建てて、実家を復活させたいと思い続けていたようです。

「ずーっと、本当にずーっと探していたんです。」

この状況を売主様にそのままお話させていただいたところ、
そんなに思い入れがあるのであれば、新築用地として
使ってもらうのも悪くないのかもね、とおっしゃっていただけました。

実は思い入れがいっぱいある住宅をそのまま使ってほしいという
お気持ちがあったようですが、買主様の思いを理解していただき
解体することも含めて了承したのです。

住宅は新しくなってしまいますが、そのお土地に住んでいたという
想いが重なり、今後新しい物語を紡いでいくことでしょう。

仲介とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始