ここの物件の学区域はどこ?子育て世帯のお家選びについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

越境入学が廃止で予定していた小学校への入学を断念

子育て中のお母様、お父様方、毎日お疲れ様です!
わたしも2人の子供を育てる母ですが、子供たちが幼稚園生になって
ようやく少し落ち着いてきたかのように感じますが、
それでも1日が終わるとぐったりしてしまう毎日です(笑)

そんな我が家の長男はこの春に地元の公立小学校へ入学します。
ランドセルは昨年の5月に早々と展示会へ赴き、
本人の希望のものを購入したわけですが、
この前、小学校からの入学通知が届き、
入学式のお知らせをもらったばかりです。

わたしが暮らすマンションは結婚を機に購入したため、
当時は子供の小学校の学区など全く気にせずに購入に至りました。
子供が生まれ幼稚園に入り、先輩ママたちに小学校の話を聞いて、
初めてうちが通う小学校がどこかを認識したくらいです。

我が家がある地域は学区がとても入り組んでる地域で、
南側一本道路を挟むと学区が違い、
西側一本道路を挟むとまたまた学区が違う、、、そんな地域です。
わたしは越境入学制度を利用して、西側にある市内の模範校と
言われる小学校へ入学させるつもりでしたが、
なんと2年前から越境入学制度が廃止。

ですから長男は通常の学区通りの小学校へ入学することになります。
特に学校に問題があるわけではないのですが、
通常学区の小学校の通学路は大きな道路を横断する必要があり、
トラックやダンプが激しく行き交う道路を子供たちだけで
渡らせたくなかったというのが大きな理由です。

小学校の学区は必ず自分で行政に確認すべし!

またわたしの知人の話ですが、小学校が目の前にある
マンションを数年前に購入しました。
ここなら小学校も近いし子供の防犯性も守られると思ったらしいのですが、
いざ学区を調べてみると目の前の小学校は学区外!

通常学区の小学校はマンションから1kmほどあり、
結局、越境入学も受け入れられず通常学区の小学校へ
入学することになったなんて例もあります。

保育園・幼稚園・小学校の情報は確実にたくさん収集すべし!

これからお家を購入する予定で将来の子供を公立の小学校に通わせる
計画をされてる方は一度行政に足を運んで学区の小学校の情報を
入手することをお勧めします。
あとは保育園、幼稚園の情報収集も必須ですね!

我が家の子供たちはプレ保育から特に大変な思いをすることなく、
現在通っている幼稚園に入園できましたが、
それが今では不合格者が出てしまうほどの人気園に、、、、

マンションや新興住宅地の開発で幼稚園や保育園の割合に対して
子供たちの数が増えているようにも思えます。

その年によって人気の差もあるようなので、
購入したいお家の周辺の子育て情報は確実に抑えておくべきですね。

保育園に関しては入園できなければ、
仕事を辞めざるを得ない状況にもなってしまいます。
たくさんの正確な情報を入手して、それも加味したお家選びをすることが
計画的なライフプランを築く第一歩かもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始