お子様がいるご家庭が付帯したい火災保険の補償とは?~破損・汚損保障~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険の見直ししていますか?

突然ですが、私は趣味と言っても過言ではないほど
保険の比較や見直しが大好きです!
生命保険、医療保険、介護保険、個人年金、自動車保険・・・
保険屋さんになれば?と言われるくらい情報収集をするのが
趣味のようになっています。

ライフステージの変化と共に保険は見直すようにしていこうと思い、
子供の誕生と共に私も一時離職をしていたこともあり、
生命保険全般を見直しました。
自動車保険に関しては毎年数社を比較して、
費用対効果の高い保険会社を選ぶようになりました。
今はネットでも簡単に見積もりが取れますので、
少しの手間を掛ければ年間何万円もの節約になることもあります。
浮いた数万円は貯金するも良し、家族で美味しい食事をするのもいいですね。
ほんの少しの手間を掛けるだけですし、私にとって保険の比較は
趣味のようなものでもあるので毎年欠かさず比較検討しています。

8年ぶりに家の保険を見直した結果・・・

昨年、「そういえば家の保険(火災保険・地震保険)って
どうなってるんだっけ?」とふと思い、
保険証券を開いて色々調べたところ全体的に
無駄があるように感じました。

すぐにネットで検索した結果、当時加入していた保険よりも
ずっと手厚い補償でリーズナブルな商品が
たくさん出ていることに気付きます。
家を購入した10年前に保険屋さんに言われるがままに
加入した保険でしたので、特に内容を深く理解することもなく
加入し続けてきわけです。

例えば、補償内容の項目に「水災」とありました。
水災ってどんな時に保障されるのかな?と重要事項説明書を読んでみると
「台風、暴風雨、豪雨等による洪水、融雪洪水、高潮、土砂崩れ等の
水災によって保険の対象が損害を受け・・・」と書いてあり、
「A.再調達価額の30%以上の損害が生じた場合」
「B.床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水による損害が生じた場合」と
書かれていました。
我が家がマンションの1階部分もしくは戸建住まいなら
この補償が必要になるのかもしれませんが、
我が家はマンション住まいですが1階ではないので
この補償は外すことにしました。

破損・汚損の補償は偶発的な事故を保障

その分、「不測かつ突発的な事故(破損・汚損)」の補償を付加させました。
これは実はあまり知られていないようなのですが、
お子様がいらっしゃるご家庭の方は付帯をおすすめする部分です。
まだ小さな子供は何にでも興味を示しますし、
それにより思いもよらない事態が起こったりするものです。

例えば、我が家の長男がお友達と遊んでいた時に
おもちゃの取り合いになりました。
幼稚園生の割には身体がとても大きく力も強い二人が
おもちゃの取り合いをし、我が家の長男が力づくで思い切り
引っ張ったところそれがリビングのドアに衝突・・・

そしてドアには直径10cmほどの穴が空いてしまいました。
家を綺麗に大切に使っている私は一瞬めまいがしたのを覚えています(笑)

しかし、火災保険の補償部分で「不測かつ突発的な事故(破損・汚損)」を
付帯させていたため、すぐに保険会社へ連絡。
事情を説明したところ保険適用になるということでドアの交換費用を丸ごと
補償していただくことができ大変助かりました。
「不測かつ突発的な事故」ですので、故意的なものはもちろんNGですが、
小さなお子様のいらっしゃるご家庭には特におすすめしたいお家の保険です。
もちろん大人の方が不測かつ突発的に起こしてしまった事故も補償されます。
せっかく手に入れたマイホームですから、大切に扱うことは大前提ですが、
突然起こってしまった事故に対する補償があることは
とても心強いのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始