ついている方に質問!太陽光発電って実際のところどうですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この季節、日当りの良いリビングなどで過ごしていると、窓から差し込む日差しがほんわか温かくて「太陽ってこんなに温かいんだぁ!」と自然のパワーに驚く事があります。こんな体験をすると、太陽の熱を有効利用する太陽光発電って、何だか良さそうだな・・と思いますよね。近所に建つ新築住宅を見ても太陽光パネルを屋根に載せているお家が多く見受けられます。最近は開発から手掛けられた団地や集合住宅などでもシステムが導入されている様です。とは言っても太陽光発電が良いことは色々と想像出来きますが、やっぱり気になるのはコストですよね。そこで今回は太陽光発電って実際のところどう?という視点でお伝えしたいと思います。

 

太陽光発電のメリット、デメリット

【メリット】

○ 自家発電でき、電気代を節約できる

○ 余った電気を売電(電気を電力会社に売ってお金に換える)できる

○ 太陽光システムの普及、性能・技術の向上で安価になっている

○ 防災対策になる(災害時、台風時の停電の際にも電気を使える)

○ 屋根からの日射熱を抑え、夏涼しく、冬は暖かい室内環境に貢献

○ クリーンなエネルギーで地球環境に良い

○ 屋根のメンテナンスを先送りできる

 

【デメリット】

○ 導入コストがかかる

○ 売電価格が下がっている(10年後以降の保証がない)

○ 太陽が出ている時間しか発電しない

※蓄電機も併用すると、蓄電し夜間も使用できます

○ 設置の際の工事により、雨漏りのリスクがある

大まかに以上のことが上げられるかと思います。

第一に、太陽光は、初期費用が高いというイメージがあります。

その初期費用に比べて、設置後のコスト面のメリット(節約できた電気代+売電できる金額)が上回れば、太陽光発電を取り入れる価値がありそうですね。まず、気になるコスト面からメリットがあるのか考えてみたいと思います。

 

太陽光発電システムの導入コストは?

初期費用としてあげられるのが、「太陽光パネル、パワーコンディショナーなどの発電機、室内モニター、施工費」となります。高いイメージしかないこの初期費用ですが、実は、太陽光システムが普及した事、施工技術の向上により低コスト化が実現し、なんと10年前の導入コストの半分近くまで価格が低下しています。さらに最新の太陽光発電は性能が向上し、発電効率が上がってより少ないパネルでたくさんの発電が可能になっています。メーカーや機種、容量、施工店によって価格は大きく変わるのですが、6.24kw(キロワット)の容量(一般的に4人家族、戸建て住宅の屋根に搭載するとコスト面でメリットが出るくらいの十分な容量)の設置費用の総額は大体150万円くらいと言えます。

次に、コスト面のメリット:「節約出来る費用」と「売電で得られる収入」を考えます。

太陽光での「節約効果と売電収入」、コスト面でのメリットはどのくらい?

太陽光は耐久性があり、期待寿命としてソーラーパネルは20から30年(一定の年数からは発電量は揺るかに下がる)、パワーコンディショナーは10年から15年と言われ、ほとんどのメーカーが10年保証としています。では10年で導入コストの150万円(前述の例から)をペイできると上々と言えますね!

【まず、年間に節約できる電気代はどれくらいでしょうか。】

太陽光パネルは、太陽が出ている時だけ発電します。従って、発電した電気を自家消費できるのは、日中のみとなり、夕方から翌朝にかけては、電気を電力会社から購入する事になります。そこで、節約できる金額=日中の自家消費分といえるのですが、ライフスタイルによって、金額は変わってくると思います。ここでは平均値として、太陽光発電した電気全体の30%を自家消費した場合を例に考えます。

一般的な工法で6.24kwの容量のシステムを設置した場合、雨や雪が多くない地域での年間発電量は、6,844kwです。

自家消費分(節約出来る電気代)を電力会社から購入する電気代に換算すると・・・計算式は以下になります。

6844kw × 30% ×24円/ kwh (電力会社から購入する買電価格)= 49,276 円

年間4万9276円の節約になります。それが10年間となると、49万2760円節約できるという計算になります。

また、あまり知られてはいない事ですが、電気は使えば使う程段階的に割高になります。そこで、自家発電、自家消費で電力会社からの電気の購入を抑えれば、その点でも電気代を節約できるという二重のメリットが生まれます。また、今後電気代が高くなる事があっても、自家消費をメインにした生活を送ると家計への影響も抑えることができますね。

そして気になる売電収入です。

【自家発電の売電収入はどのくらい?】

売電制度(固定価格買取制度)では、太陽光発電で自家発電し、自家消費し余った電気を電力会社が10年間固定金額で買い取ってくれます。その価格は年度ごとに決まり10年後以降の保証はありません。太陽光発電の設備費用の下落に伴い、毎年売電価格も引き下がっているのですが、H30年の売電価格は、住宅用:26円/kwh(東京・中部・関西電力)となりました。私たちが電力会社から購入する買電価格は、24円/kwhですので、今年度であれば、ぎりぎりまだ買う電力以上に高く売れるという事ですね。この売電価格、制度が始まった2009年は48円で、当時は売電収入による利益を目的として太陽光パネルを設置する方もいました。

そして、本題の売電価格ですが、前述しましたが平均値として太陽光発電した電気の30%を自家消費すると言われていますので、残りの70%を売電すると考えます。計算式は以下です。(H30年の売電価格は26円/kwです)

6844kw×70%×26円/kw =124,560円

年間で12万4,560円の売電収入となりますので、10年間では124万5600円の収入となります。

【太陽光設置後10年後の収支は?】

以上から初期費用を150万円と考えた場合、10年間で節約できる電気代約49万2760円+売電収入124万5600円を引くと、+23万8360円利益が上がった事になります。

10年でペイ出来、利益も出る上にその後はまるまる利益を生み出す資産になると言えますね。

しかし、重複になりますが、太陽光は立地(日射量の見立てがとても重要です)やメーカー、機種、ライフスタイルによってそのメッリトの加減にも大きな違いが出てきます。オーダーメイドになりますので、信頼できる業者の方に、容量、施工方法を相談の上、日射量やライフスタイルに合わせた電気代のシュミレーションを取ってもらい、慎重に検討することが大切だと思います。

長くなりましたので、一旦ここで区切って、次回は太陽光について、コスト面以外でのメリット・デメリットから太陽光って実際どうなの?という視点でお伝えしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始