女性限定物件は本当に安全??一般物件と何か違うの??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の一人暮らしは危険と隣り合わせです。

引っ越し先のお隣さんや上下階の方がどんな方が住んでいるのかは、管理会社にそれとなく聞くことは出来ますが、それぞれの性格までは、もちろん住んでみないとわからないですよね。また、所謂一人暮らし用の1K、1Rなどは生活スタイルや時間帯もバラバラなことが多い為、性別や年齢などどんな人が住んでいるのか事実上わからないことがほとんどと言えるかもしれません。

女性限定物件とはどんな物件なのか

最近では大家さんの意向で女性限定物件として建てられることも多くなっている「女性限定物件」。一般的な物件と何が違うのでしょうか。

まずは、名称の通り、女性のみが入居できる物件ということです。

オートロックや防犯カメラとセキュリテイが充実していたり、内装が女性好みに仕上がっています。

では、来客はどうなのか。女性限定とうたっているだけに来客も女性のみなのかと疑問が浮かぶと思います。

これは大家さんの意向によって異なり、物件情報に「男性立ち入り禁止」や「男性来客のみOK」などと分かれることが多いです。男性立ち入り禁止ですと、親族も許可されず、規約違反となりますので、十分確認を取られた方が良いですね。

女性限定物件のメリット・デメリット

・メリット

①セキュリティの充実

一般物件よりもセキュリティがしっかりしている物件が多いのが特徴です。オートロックはもちろんのこと、防犯カメラ、防犯窓、二重施錠やカードキーのど導入など、入居者以外の外部からの侵入を防ぐ造りになっています。また、相場よりも割高の女性限定マンションですと、マンション自体を警備会社と契約し、強盗や泥棒、また火災など万が一の時に警備会社に通報がいくシステムを各部屋に入れており、安心して暮らすことができます。

②管理人の常駐

24時間管理人が常駐していることで、日中部屋を空けておくことで、空き巣や不審者に近寄り難くする防犯効果が期待できます。

③入居者全て女性なので住んでいて安心

同じ建物に男性もいると思うと、不安もあると思いますが、お隣が同性だと安心ですし、落ち着きます。

④デザイン性が高い

女性好みのデザインを取り入れている建物が多いです。例えば、室内の壁紙の四方を真っ白なクロスではなく、一面のみをアクセントカラーに変えたり、クローゼットが大きめのものに設計されたりと全体的に女性が取り入れたいと思うような室内に仕上がっています。

・デメリット

①女性限定=女性しかいない

絶対に安全とはいえないということです。女性しか住んでいないということを逆手にとり、ターゲットにされる恐れもあります。

女性限定物件だからといって過信評価をしないよう、防犯面は自分自身でも気をつけることをおすすめします。

②男性の出入り禁止

安全を重視して入居されている方が多く、入居のルールも細かいのも特徴です。その一つが男性の出入りも禁止しているケース。規約に記載をしているなら絶対に守らなければいけません。たとえ家族や友人でも男性を招き入れることは出来ません。もし、違反をしてしまったら退去をしなければいけないケースもありますので、入居前にしっかりと確認しておきましょう。

物件情報の文言に惑わされないで

女性限定を前提として建てられている物件もあれば、古いアパートでも女性限定物件と綴っている物件もあります。

セキュリティもしっかりとした女性限定物件を求めるなら、少し割高でも管理人、オートロック、防犯カメラ、防犯窓と設備もしっかりとした物件を選びましょう。

何にでもそうですが、安全には変えられません。

女性が一人でも住みやすく、安全な物件が今後も増えると良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始