ちょっと気を付けるだけ?引っ越し時の費用を少しでも安くするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越し時の初期費用は敷金、礼金、前家賃約2ヶ月分、管理費や共益費の前払い分、家財保険代と、例えば賃料8万円の物件を借りたとしても、家賃の5ヶ月分は最低でも必要となってくるので、40万円は準備をしておかなければいけません。

加えて、引っ越し業者に支払う引っ越し代など、なるべく初期費用を抑えたいのが本音という所です。

敷金・礼金0物件

ここ数年は地域によっては礼金は無しという物件が主流になってきています。ただ、敷金は退去時の原状回復に充てる補償金の様なもの。退去時に原状回復費用を請求しても払ってもらえないケースもあります。こうしたことから、入居時に敷金として預かるシステムが始まりました。

なぜ敷金礼金なしにできるのか?

大家さんは空室があるとその分の家賃収入が途切れます。つまり、平均単価8万円の家賃6世帯のアパートを所有している場合、一部屋空きが出ると毎月一部屋分の8万円の家賃収入がなくなります。そこで入居者を確保するための策として敷金礼金をなしにしているようです。ですが、ただ敷金礼金なしにするには、大家さんもリスクがあります。昔は家賃を相場より割高にすることで敷金礼金をなしにできたそうですが、現在はどの地域も家賃の相場があり、借り手の方もある程度知識がついてきています。物件を探すときは地域の相場を勉強した上で探す方が多く、最近は入居期間を設定し、一定期間以上入居することを取り決めることで大家さんのリスクの負担を軽減しています。

フリーレント物件

敷金礼金と同じ様に、初期費用に含まれる前家賃を数ヶ月分をタダにしましょうというのがフリーレント物件です。事業用ですと半年分フリーレントも良く耳にしますが、居住用物件は初めの2ヶ月分フリーレントといった様に、数ヶ月で設定している物件がほとんどです。

大家さんは所有している物件の資産価値を下げたくありません。空室率が上がれば上がる程、価値は下落していくものです。大家さんにとってはそれは極力避けたいものです。家賃を下げることから比べたら、1ヶ月あ2ヶ月フリーレントにして家賃は現状維持を保っていけるならば、その方が大家さんにとっても都合が良いのです。

注意点

敷金礼金なし物件でも、フリーレント物件でも、入居期間が定められていることがほとんどです。契約書に定められている一定期間以上住んでいただくことを了承頂いた上で契約が取り交わされます。もし、これを遵守出来ず途中解約をしてしまった場合は違約金が発生する場合もありますので、ペナルティは把握しておきましょう。

物件を安心して借りる

敷金礼金、フリーレントと聞くと、物件自体に欠陥があったりと想像してしまうかもしれません。確かに築年数が経過している物件も入居率を上げる為にフリーレントなどの対応策を取ることもあるかもしれませんが、比較的新しい物件でも期間限定でこういったキャンペーンを実施しています。この様なキャンペーンをうまく活用して得する引っ越しをしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始