あなたは新築重視??それとも築浅??築年数の古い物件??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な物件が存在する中、現在も新しい物件が建築中であったり、既に完成していたり・・・

物件選びの基準となる「築年数」。場所や家賃などと同じように築年数は物件選びの際のポイントの一つではないでしょうか。

人によっては築年数は気にしないので、とにかく安く家賃を抑えたいという方もいらっしゃいますが、女性の一人暮らしや、小さなお子様のいるニューファミリーは安全面や清潔面なども踏まえて新築、築浅が良いという方も多いのではないでしょうか。

築年数が古いと耐震性はいかがなものなのか?

「築年数の古い物件」=「古びたアパート」を連想する方がほとんどです。

ある年度を境に建築基準法が改定し、構造上の明確な差が現れておりますので、ご紹介致します。

1981年6月以前に建てられたものは、地震における震度5程度を想定し建築をされていたことに対し、それ以降に建てられたものに対しては、震度6強を想定しています。

また、木造住宅においては、2000年6月にさらに厳しい基準が設けられました。

古い物件でも、耐震補強を済ませているのであれば、安心ですので、物件の管理会社に確認をしておくべきですね。

築年数の新しいものがおすすめなのか??

耐震構造に関しては、上記に記載の通りです。もちろん、予算なども踏まえて新築や築浅を借りれるなら、何も悩む必要性もありません。

ですが、少しでも安く、お得な物件を借りたいものです。築年数の古い物件でも、内装をフルリフォームしていたり、水周りが最新になっていたりと、築年数が気にならない位きれいな物件もあります。付属設備はある程度古くなってくると、最新設備に大家さんが変えていくものです。そういったお得な物件もありますので、やみくもに築年数だけで弾かない方が良いですね。

自分で簡単なリノベができるのは築年数の古い物件が多い⁈

これは最近多いですね。例えば、1Kでも2DKでも個室が和室のタイプの物件。大概、古い物件です。人気の間取りにリフォームするにしてもかなりの費用がかかり、中々大家さんもそこまでは手が回せないのも現状です。そういった物件を安く借りて、部屋の中を自分でDIYをしていくことで、新たな姿に蘇らせることもできる物件もあります。もちろん、借りる際に大家さんに入念に交渉が必要になりますが、和モダンな空間をつくったり、自分色に変えられる醍醐味もあります。

物件もその人の好みです

人の出会いと同様に、物件の出会いも運命的に感じることがあります。今まであまりピンとこなかったけれど、なんかこの物件は入った瞬間から良いと思ったなど、決める際にピンとくるのはその人の好みが反映されます。

一概に新築、築浅だからではなく、築年数の古い物件も意外と落ち着いたりするものです。

是非部屋探しの参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始