暑さ目前!夏に向け風通しが良いマイホームで快適に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の夏、いよいよ到来!

今年は梅雨らしく、シトシト小雨の多い日本の梅雨でしたね。部屋にいると自分までどんよりしてしまいそうです。

でも!これから夏に向けて、開放的にやっと過ごせます。。エアコンだけに頼らず、風が抜ける爽やかな空間にして、日本の夏をエンジョイしたいものです。どうしたら良いのでしょうか?

色々な方法があるとは思いますが、今回は、風通しの良い家にするための秘訣をテーマにお伝えしてみますね。これを知っているだけで、エアコンに依存しすぎず、心身共に爽やかな日本の夏を楽しめて、その上、下世話ではありますが、電気代のかなりの節約が出来ますから。

空気の流れを考えて窓を開けましょう

2階も開けて風流し

空気はどうして流れて行くのでしょうか?

一つの大きな要因として、温度差によって動きます。
例えば、ドライブしているときに、足元に温風をすると、しばらくすると、顔の方に温かい空気が上がってきますよね。
そして暑くなると、車内の温度をちょうどよくするため窓を少し開けて涼しくしませんか?

同様に、一戸建ての家も、2階に熱い空気がこもってしまいます。風通しをよくするためには、車と同じ原理を適用すれば良いのです。

1階に開放部を設けて、自然の空気を取り込みます。
それから2階にも開放部を設けて、1階から2階への空気の通り道を作ってあげるんです。

自分が1階でしか日中過ごさないし…という事もあるでしょうが、風通しを良くするには、この対流を考えて試してみてくださいね。

爽やかな風がヒューっと通り抜けて行くのを感じることでしょう。

 日本の伝統的な涼み方、打ち水もしてみましょう

(朝夕水やりついでに打ち水を)

今の時代に打ち水?
なんだか古いイメージがありますね。
でもこれは科学的にも根拠のある、昔の人の知恵なんです。

打ち水を行うことにより、水が蒸発する際の気化熱の働きで周囲の温度を下げることができます。
更に、水が地表にある状態にすると地面の気温が上がりにくくなり、濡れた地面を通る風も冷やされて涼しくなります。
水が蒸発する際、打ち水をした場所の気圧が上がり、空気が流れることで風が生まれる効果も期待できます。

ただし、この方法にも注意が必要です。
それは打ち水を行う時間帯です。それを間違えると逆効果にもなりかねませんのでここは気をつけましょう。

気温が上がっていないや気温が下がり始める夕方にされてくださいね。

多くの植物の水やり時間と同じです。植物には周囲の気温を下げる蒸散作用や、保水性を高くして気温が上がりにくくする作用があります。暑さ対策としお庭の植物の水やりのタイミングで家周りや開口部の外側に打ち水をすれば面倒もありません。これはマンションのベランダにも通用しますよ!

朝方の打ち水は午前中のエアコンの使用頻度を下げ、夕方の打ち水は夜の暑さを和らげます。ですから、もし余力があるなら、1階の空気を入れる開放部分の外に、打ち水をしておくのもいいかもしれません。

このような日本の伝統的な涼み方を上手に取り入れて、自然な夏を取り入れるのも、また粋ですね!

季節によって変わる風の向きを知りましょう

今日はどちらに向くかしら?

風通し良くしたいのは夏だけではありません。当然冬だって風は入れて空気を良くしたいですよね。

それで、四季の風向きがハッキリ変化する日本ならではの、基本的な風向きを理解しましょう。

冬以外は南の方から吹く暖かい南風が一般的です。
そして冬は、北風、というように、北から入ります。

であれば、家の窓か開放部を、北と南にしておけば、風がスムーズに家に入り込んで、風通しの良いマイホームになるという事がわかります。

夏以外は、そんなに気にしないし、風通しは必要ない、と感じておられる方も多いでしょう。
確かに、体感温度においては、そうかも知れません。
でも、家の風通しが悪いと、かび臭くなったり、澱んだこもったような生活臭がこびりついてしまい、あまり良い状態ではなくなってしまうんです。

例えば、ある方の家を訪問したとき、ドアが開いた途端に来客である自分が咳が止まらなくなる事ってありませんか?
仏壇なのかペットなのか原因不明ではありますが空気が澱んでいたのかもしれません。

普段から風通しの良い状態にしておくと、こういう事を避けられるかもしれませんから、夏以外でも、風通しに気をつけるのは大切です。

まとめ

水と風を取り込んで涼みます

以上、ほんの少しでしたが、風通しの良いマイホームにして快適に過ごす秘訣を書いてみました。
まとめてみると…
・空気の流れを考え1階と2階の窓を開けて風が吹き抜けるようにしましょう。
・開放部の外に打ち水をしましょう。
・北側と南側の2箇所窓を開ければ季節関係なく風通し良くなります。

日本の夏は、日本人らしく、古くから嗜まれてきた日本古来の方法で、優雅に涼んで乗り越えましょう。

勿論、最初に家を設計する段階で、この点はプロの方に要望を伝えておくなら、ずっとこれからが楽チンです。

風通し良くするだけで、電気代の節約やカビ防止も出来ますし、マイホームならではの、自然を取り込んで、今年もまた来る暑い季節を楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始