暑い夏グリーンカーテンなどで涼しい家に!手軽に取り入れてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ夏本番、毎日がうだる暑さの到来です!

あまりに暑いので、熱中症を避けるため、昼間の外出を極力減らし、家にいて涼もうとされている方も多いでしょう。確かにこの暑さ、変に出歩くのは危険です。

でも、どうしたら夏に涼しく家で過ごせるのでしょうか?

当然エアコンをかけっぱなし……仕方ないのかもしれませんが、少しでも省エネもしたいものです。

最近では、夏に涼しく冬に暖かい家、がよく宣伝されています。
高断熱高気密、なんてよく耳にしますね。
他にもコルクボードの家、等々、最初に工夫しておくと、本当に省エネも出来るようです。

でも、既に建ててしまっているのであれば、どのように工夫すれば、日本の夏を少しでも涼しく乗り越えられるのでしょうか?
今回はその点にスポットをあててゆこうと思います。

【緑のカーテンで涼しく快適に】

最近では東京の都心部のマンションでも見掛けるようになりました。
そんなに効果があるのでしょうか?

そもそも、家にいて夏の暑さの原因は、直射日光が家に当たり、家の中の温度を上げてしまうことにあるようです。
もともと気温が高いのに、直射日光が家に当たり、中の温度がぐんぐん上昇し、エアコンを強くつけないと大変なことになってしまいます。

それでせめて、直射日光が部屋に入らないようにしなくてはなりません。
そこで登場させたいのが、天然のグリーンカーテンです!

えっ⁉ヨシズでもいいのではないの?
勿論、無いよりはそれがあった方がよいでしょう。
でも、天然のグリーンカーテンが最適なのには、実は科学的な根拠があるんです。
当然ながら、たくさん茂った葉が、窓から入る直射日光をさえぎるので、室内温度の上昇を抑えて、お部屋を涼しくしてくれます。

そして、茂った葉が影を作り、建物に直接日が当たりにくくなるので、外壁や窓ガラスに熱をためることも少なく、屋外の気温が室内の温度に与える影響を抑制します。

でも不思議と、天然のグリーンカーテンは、何か他のもので代用するより涼しく感じませんか?
実はここからが特に、天然のグリーンカーテンにする必要がある理由なんです。

たくさん茂った葉は、暑いので水分をぐんぐん吸収します。それから、それをたくさん茂った葉から水分を放出します。これが「蒸散作用」というもので、葉から水分が蒸発するときに周りの熱を奪い、温度を下げてくれるんです!

ですから、ただ日除けをしているから涼しくなるだけではなくて、「蒸散作用」による冷却効果で、実際の温度を低下させるため、家周りに張り巡らしている訳ですから、涼しくなるのです。

それで、勿論、家を建てるときに高気密高断熱の家にするのが一番良いのでしょうが、既に建ててしまっているのであれば、是非この方法を試されて、家自体を涼しくして、省エネに取り組まれてくださいね♪

【ヨシズやスダレでも代用可】

でも、天然のグリーンカーテンは、春先から頑張って手入れしておかないと、夏までに間に合わない!ということもありますよね。

春先は仕事等々忙しく、天然グリーンカーテンも準備したかったのに無理だった~(涙)という人のために、簡単に出来るのは、ヨシズや簾ですよね。

直ぐに日陰を作れますし、とにかく直射日光が窓から入るのを遮断して、家に熱がこもるのを避けることが出来ます。

でも天然のグリーンカーテンと違って、「蒸散作用」が無いため冷却効果が落ちることは確実です。
それで、「蒸散作用」を人工的に作れば良いのです!
つまり、スダレに水を噴霧して、日差しで発生した熱が気化熱として奪われるようにさせて、入ってくる風の温度が下がって少し涼しくさせるのです。これは植物の葉が水分を蒸発させる際の気化熱を期待するグリーンカーテンと同じ冷却効果です。

ただ、この方法も注意点もあります。
あまりやり過ぎると、スダレは痛みますし、いつも湿らせていたら、カビが生えてしまうので、そこを通り抜ける風によって、身体にあまりよくないこともあり得ます。
ほどほどにして試されてくださいね。

【まとめ】

ここまでで、天然グリーンカーテンや簾、ヨシズ等の活用によって、家に直射日光が当たらず、涼しく温度を下げて、エアコン稼働を少しでも省エネにすることが出来ることをお伝えしました。

簾でも、天然グリーンカーテンに近い方法も出来ますし、であれば面倒な植物をわざわざ植えなくても……とも感じます。

でも出来るなら、天然グリーンカーテンが良いと言えます。
なぜかというと、こういったデータも出ています。

ヨシズは熱を反射しないのに対し、緑のカーテンは熱をほとんど反射します。ヨシズは熱の25パーセントくらいしかカットできませんが、天然グリーンカーテンは60パーセントほどの熱をカットできるからなんです。

こうなると、エアコンの消費電力はどちらが省エネになるか、一目瞭然ですね。

今年は間に合わない方も、ヨシズでも無いよりは全然温度は違いますからお試しくださいね。

そして来年こそは、春先から準備して、天然のグリーンカーテンで、省エネ&ECO&美味しい野菜で、日本特有の蒸し暑さを克服してゆきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始