あなたはどちら派? IHクッキングヒーター VS ガスコンロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸、持ち家に限らず、住まいも築10年を過ぎる辺りから少しずつ設備の不具合が気になりだします。

お風呂、キッチン、トイレ、給湯機、少しずつあれあれ?と気になる箇所が増えてきます。

毎日使うガスコンロも経年劣化により、買い替えが必要になる設備の1つです。

先日、実家の父からガスコンロをIHクッキングヒーターに変えたいがどのメーカーがいいかなと相談がありました。
実家は築10 年を超える戸建てで、最近ガスコンロに不具合が出ていました。
修理を重ねてなんとか使用しているのですが、今後もこの繰り返しだと修理代の方が器具代よりも高く付きそうな気配…ということで買い替えを検討しています。

キッチンの主である母はガスコンロ派で、ガスコンロの交換を希望しているのですが、父は今後年を取っていくと火を使うのは危ないのではと火事などのリスクを考えIHを希望しています。

私の両親のように、高齢をきっかけに安全を求めて(家族の勧めで)火を使わないIHクッキングヒーターに交換する方は多いと思います。でも、母の様に料理好きな人にとっては、今まで使い慣れていたガスコンロを急にIHに換えるのも低抗がありそうです。

そこで今回は、IHクッキングヒーターとガスコンロそれぞれのメリット・デメリットを色々な側面からお伝えしたいと思います。

ある日突然機器が故障しお店に駆け込み、売り場の人のセールストークでなんとなく商品を決めてしまうケースがあると思います。。。

しかし、美味しい料理で健康的な毎日を送るためにも、いざという時納得したセレクトが出来る様にメリット・デメリットを確認しておきましょう!

IHクッキングヒーター

まず、ガスコンロをお使いの方が多いと思いますのでIHクッキングヒーターとはどんなものなのかをご紹介します。

IHクッキングヒーターとは
ガスコンロが直火で加熱するのに対して、ガラス天板下にある金属(磁力線)に電流を流して調理器具の“鍋底自体”を発熱させ加熱させる調理器具です。

【 メリット 】

○ 安全性が高い
火を使わないので火事のリスクがなく、ガス漏れの心配がありません。衣類や食料品の包装紙に火がつくことがなく、立ち消えの心配もありません。
また、地震を感知すれば自動消火する“地震感知機能”や最終操作をしてから一定期間が経つと自動的に消化する“切り忘れ防止機能”、温度が上がり過ぎた時に自動に止まる“空焼き自動停止機能”などがあり、震災時やうっかり火から離れてしまった際にも安心です。

○ 天板が凹凸がなくフラットなのでお手入れがしやすい
調理の度にさらっと拭けて、すっきり清潔に保てます。

○ 燃焼によるCO2を排出しないので室内の空気をクリーンに保てる

○ 熱気がこもらない

○ 熱効率がよく効果的に電気を使える

○ オール電化住宅などでお特な電気料金プランを選んだり、太陽光システム等の自家発電を持つ家庭であれば光熱費のコスト面でのメリットが出る。

○ オーブン機能等便利な機能がある(メーカーごとに特徴がことなります)

他にも、フラットなガラス天板は見た目すっきりでキッチンを広く見せますし、スタイリッシュな印象があるのでお部屋のインテリアにも一躍買います。天板がフラットなので調理中に調味料や道具等を置くスペースがあり、日頃の調理も効率良く調理できるのも魅力です!

【 デメリット 】

○ 初期費用(器具代)はガスコンロより高い

○ 愛用の調理器具が使えない事もある
IHでは、アルミ・銅・陶器鍋(土鍋)などは使用できなく、鍋底も平らな物 に限定されます。
※オールメタル対応のIHクッキングヒーターでは、アルミ・銅でも使えるものがあります。

○ 火力が目に見えないので絶妙な火加減が難しい

○ 鍋を振ったり、返したり出来ないできないので、料理好きには物足りない

ガスコンロ

【 メリット 】

○ 火力が視覚的に確認できるので調理の際、微妙な火加減がしやすい

○ IHに比べ火力が強い

○ 鍋を振ったり、返したり出来きるので味が均一になる
中華鍋やフライパンを振ってかき混ぜ、まんべんなく食材に味を行き渡らせることが可能なためチャーハンや炒め物はがとても美味しく仕上がります。

○ 調理器具や鍋底の形状も選ばないため料理の幅が広がる

○  停電に強い

○  初期費用がクッキングヒーターに比べると安い

○  オール電化等でない場合、光熱費にメリットが出るケースが多い

【 デメリット 】

○ 火事やガス漏れのリスクがある

○ ごとく等の凹凸があるためお手入れが面倒

○ 燃焼によるCO2を排出するので室内の空気が汚れ、熱気もこもる
※もちろん換気扇などを使う事である程度、解消出来ます

以上の様なことが挙げられます。

こうみるとガスコンロでのお悩みをIHクッキングヒーターが解決してくれると見えますが、やはり料理好きにとっては味の微妙なさじ加減が命!?ですので、ガスコンロにより魅力を感じるのではないでしょうか。

まとめ

IHクッキングヒーターは安全でお手入れしやすいという点が最大のメリットとなります。オーブン機能を上手に使う等工夫すれば、本格お料理も楽しめます。

一方ガスコンロの最大の魅力は、どんな調理器具も使えるのでお料理の幅が広がり、強い火力や絶妙な火加減を調整出来るので本格的にお料理を楽しめる点です。
お手入れに多少手間がかかりますが、安全面ではガスコンロにもIHクッキングヒーター同様、“自動温度制御”、“焦げ付き消化”、“切り忘れ消化”などの機能がありますので、タイマーを使う等の工夫により安心して料理を楽しめます。

また、IHとガスコンロのどちら?という選択もさることながら、各々に多彩な機能を持つバラエティーに富んだ商品があります。
故障等で慌てて交換!となる前に、メリット・デメリットを頭の隅に置きながら、ぜひメーカーさんのショールームなどで操作性などを事前に確認されるといいと思います。

もし、実際にIHクッキングヒーターを使ってみたい!という方がいましたら、メーカーさんによっては、IHクッキングヒーターを使用したお料理教室等を開催しているところもありますので、そういった機会にお試しCookingしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始