憧れのモデルルーム インテリア術 ~我が家に気軽に取り入れましょう~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家をモデルルームの様な素敵な空間にしたい!と雑誌や旅先で訪れた素敵なホテルの内装などを参考に、インテリアコーディネートに挑戦してみた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結果、我が家とのギャップがありすぎて・・・何から手をつければいいのか判らない・・・
家具・カーテン・カーペットなどのカラー、レイアウトも雑誌の憧れのイメージを真似たのに何故か全然違う空間になってしまった!!
上手くまとまらない・・・あか抜けない・・・私ってセンスないのかも・・・と がっかりしてしまうケースがあるかと思います。

しかし、それは仕方ないことです。

それもそのはず、モデルルームなどの空間はインテリアのプロにより、選び抜かれた高級な家具・上質なファブリックを多用し、巧みな技術を駆使して演出された非日常の空間なのですから。
生活感をそぎ落としたからこそ生まれる洗練された空間であり、そっくりそのまま真似るには限界があります。

日常に生きる私たちの過ごす空間は、ゴミ箱もあれば、子どものおもちゃ、書類や日用品、文房具、かっこいい洋書とはほど遠い書籍たち・・・

生活感に満ちあふれていますね。それらを包み隠して生活することは現実的ではありませんし、少しくらい生活感がある方が寛げたりもします。

そこで今回は、我が家にもモデルルームのインテリアコーディネートのエッセンスを取り入れ、ほんのちょっと背伸びして素敵に快適に過ごせる空間づくりについてお伝えします。

「少ないコストで、気軽に楽しみながら」をキーワードに効果的にお部屋のセンスアップを図りましょう!!

Step 1  お部屋をすっきりシンプルに整えましょう

お部屋は、インテリアを楽しむキャンバスにあたります。

絵を描く時も真っ白なキャンバスに色を載せることで素敵な作品に仕上がります。洗練された空間を目指すのであれば、そのベースとなる空間がすっきりシンプルで可能性を感じさせる空間である事が大切です。
まずは、お部屋をすっきりシンプルに整えましょう。

最低限の家具と厳選された物のみを置く事が望ましいですが、中々難しいですよね。

そんな時は、なるべくすっきりで大丈夫です!

ゴチャゴチャした物を扉付きの収納内にまとめ、リビングなど家族の共有スペースでは、自分の私物は手持ち付きのBOXなどで持ち込み式にするなど、空間に物を出しっ放しにしないような工夫をすることで、お部屋はかなりすっきりします。

(以前、狭いお部屋でもすっきり心豊かに暮らすというテーマでコラムを書きましたので、よろしければそちらもご参考下さい)https://xn--y8j6c4ck4085b94g.com/00118-2/

Step 2 フォーカルポイントを作りましょう

お部屋の見た目がすっきりしたら・・・次は、フォーカルポイントを作りましょう!!

フォーカルポイントとは「視線を集める場所」という意味合いです。

適している場所は、リビングを入って正面に見える壁面、ソファーに座ったときの目線の先、和室における床の間など、視覚的に一番目に飛び込みやすい場所です。

ここをすっきりと保ったり、アートや鏡を飾るなどお洒落な空間とすることで、視線が集まります。
多少お部屋のインテリアに統一感がなかったり、少々散らかっていても、自然とすっきり見えたり、センスを感じさせる空間になります。

物の多いお部屋も何だかまとまって見えます

一方、最近は白で統一されたシンプルな空間を好まれる方も多いと思います。
確かに、床、壁、天井と面積の広いお部屋のベース部分に白やアイボリーなどナチュラル色を配すると、お部屋が広く見えコーディネートの幅も広がります。
でも、インテリアのメインとなる家具やカーテンのカラーまでナチュラル色にしてしまうと、なんともピントの合わない間延びした印象のお部屋になってしまいます。インテリアを頑張っているのに、何だかあか抜けないという場合、このパターンが多いように思います。

こんな場合にも視線の集まりやすい部分にアートや鏡を飾り、フォーカルポイントを作ることで、メリハリができお部屋がぐっとセンスアップします。

Step 3 フォーカルポイントにアートやミラーを飾りましょう

フォーカルポイントが出来たら、素敵なアートやミラーを飾ってみましょう!

 

アートを飾るって少しハードル高いイメージありますよね。しかし、意外に手軽にアートを楽しむことができます!

モデルルームのインテリアコーディネートでは、アートやミラーが効果的に使われています。

素敵なホテルのロビーやお部屋を思い浮かべていただけると判りやすいのですが、視線の集まりやすい所に雰囲気のある絵画が飾られているだけで空間が引き締まり、間接照明の効果と合わさってラグジュアリー感が演出されています。

それを我が家にとなると、少しやり過ぎ!?なんて思われる方もいるかもしれませんが、ぜひ気軽に試していただきたいです。

モデルルームの場合、リビングなどメインルームや主寝室などのアートはプロの方にイメージを伝えて制作してもらうことが多いのですが、書斎、子供部屋、お手洗いなどに飾るアートは、お手頃な既製品を使用したり(モデルルームの設営では、カーテン、クッションも生地選びから行うのですが)ファブリック小物の余ったハギレを美しくトリミングし、額縁に入れ素敵なアートとして飾ったりします。
自宅用であれば好きなアーティストの作品集などからお気に入りの一枚をカラーコピーし好みの額縁に入れて、簡単にアートを造るのも楽しいです!

効果的な飾り方

今回ご紹介したような方法でしたら、自宅のインテリアにもアートを気軽に取入れられそうではありませんか?

アートを飾ることで空間に深みが出ますし、フォーカルポイントを作ることで空間にまとまりができ、すっきり魅せる効果も生まれます。

居室だけではなく、玄関先やお手洗い、階段の途中などにアートを飾る事で細やかな気配りや、さりげないお洒落感も出て素敵です。

また、白黒のシンプルな写真も空間のセンスアップに繋がりますし、狭い場所ではフォーカルポイントにミラーを飾る事で空間に広がりを持たせる事もできます。

我が家でも 好きなアーティストの絵や写真をお気に入りの額縁にいれ、玄関先やお手洗いに飾っています。

手軽に作れるアートなどでしたら、色調で季節感を出したり、気分で入れ替えたりと気軽にインテリアも楽しめます!

気になられた方は、ぜひご家庭でも気軽に取り入れてみてください!

 

途中ですが、少し長くなってしまいましたので、今回はここまでです。

次回は「憧れのモデルルームのコーディネート術を我が家に」という視点で、照明を効果的に使う方法をお伝えしたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始