台風に負けない家に住もう!風に強いのはどんな家?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

災害列島と言われている日本。今年も台風は日本全国いたるところで爪痕を残して行きました。
ニュース等の映像も本当にショックでしたね。
車やトラックが強風に煽られてまるでおもちゃのミニカーのように飛ばされ転がっていたり、屋根が剥がされて布か何かのようにヒラヒラと飛ばされていました。

日本に住んでいる限りは、地震・台風等の自然災害と付き合っていかなければなりません。
壊れてしまう家もありますが、しっかりと耐えて家族を守ってくれている家もあります。

毎年必ずといって良いほどやってくる台風ですから、最初から強い家を建てたいものですよね。

そこで今回は、特に台風に強い家とはどんな家なのかをご紹介していこうと思います。

台風の時に家にかかる負担

台風の時や風の強い雨の日に、どうしても傘をさして外にでなければならないときって時々ありますよね。
そのときの状況を考えると、風力で家が受ける影響を少し理解することが出来るかもしれません。

あなたが傘をさして歩きます。雨は段々激しくなり横殴りの雨に変わってきます。
風はどんどん強くなり、一方向からだけでなく、時々違う方向からも吹いてきます。
そして、ついに突風が吹いて傘を煽り、骨組みが壊れてしまいました!

そんなときの状況、どんな力がかかったか覚えておられるでしょうか?
傘は意外にも上からの圧には強いのです。どしゃ降りの雨でも結構壊れません。
壊れるときというのは、風が下からもきてその風圧で煽られて、ひっくり返ったりするのです。

実は家も同じように考えることが出来るのです。
家というのは、上からの重圧には相当耐えられる構造になっているので、上からの重みには強いのです。

また、横からの風は受けた風力は下へと流れる構造になっています。
ですので、家は上からや横からの風圧には結構強いのです。

しかし、傘が壊れた時のことを思い出してみてください。
下から巻き上げられた風圧であっという間に壊れてしまいませんでしたか?
家もこれと同じように、巻き上げられた風圧に耐えきれず、屋根が剥がされてしまうことが多いのです。

つまり台風に耐えきれる家というのは、巻き上げられた強風に耐えられるということが大きな要素となるのです。

もちろん他にも色々ありますがきりがないので、今回はそういった風圧に強い家の形状をご紹介していきましょう。

シンプルを選ぼう!

マイホームを建てるときには、家族で話しながら皆の夢を盛り沢山に詰め込みたくなるものです。
これから何十年も住むかもしれない家ですから当然ですよね。
でも現実を忘れないようにしましょう。ここは災害列島なのですから。

しかも台風は毎年お決まりのようにやって来ます。
夢を盛り沢山にされている方は少々悲しくなるかもしれませんが、台風に強い家にしたいのであれば、形状をシンプルにしましょう。真四角にするほど、強いお家が出来上がります。

それでも家に真四角というのは少し無理もあるので、現実的には長方形になりますね。
これは台風のみならず耐震性にも優れた形状です。
つまり、災害に強くしたければ、こういった形状が良いでしょう。

強風が吹いても、四角の家は風に煽られる場所が少ないのです。
さらに、強い風圧を受けても建物自体に踏ん張る力があります。
そして、風は上下にスムーズに流れていくので、変に風力を受けてしまうことがありません。

そのため、強い台風が毎年来る沖縄県は近年、三角お屋根の家は少なくて、四角の鉄筋コンクリート住宅が多くなっています。
四角の家は屋上が使えるようにも見えますが、煽られて剥がれてしまうような屋根はない家が増えています。

でもあまりにも四角ですと見かけもつまらないですし、残念に思う方はこれを知っておくと良いでしょう。
2階建てにしたいのであれば、1階の真ん中くらいに2階をあげるのです。
これですとバランスがよく、重心がずれないので負担を軽減できる構造になります。

とにかくシンプルに、単純化された形状が台風には強いです。
逆を言うと、工夫を凝らしたお洒落な外観の素敵な家は、出っ張り部分があり風圧を受けやすいということです。
そういった凸凹のあるお家でも強度を増すことも出来るかもしれませんが、かなりお金がかかりそうです…。

まとめ

台風に強い家はまとめると以下の通りになります。
●シンプルな造り→長方形で凸凹のない形
●鉄筋コンクリート住宅

少しつまらなく感じるかもしれませんが、メリットは災害に強いだけでなく他にもあります!
コストがかからない‼という嬉しい点です。
災害に強くて安いというのは助かりますよね。

家族の夢も沢山ありますが、家が壊れたら元も子もありません。
災害に強い家を建ててコストダウンした分を、家の中の充実に費用を充てて工夫することが出来ますよ。

安全に長く住める頑丈な家作り、家族みんなでがんばってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始