部屋の照明って意識してる?賢く使い分けてもっと快適に過ごそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい住居での暮らし。皆さんはどんなものを購入しますか?

家具、インテリア、絨毯など、今よりももっと快適にしたい!おしゃれに見せたい!と思いますよね。

でも実は、部屋をもっと素敵で居心地の良い空間にするには、‟照明”の存在って大きいんです。

部屋を明るく照らせればどんな照明でも問題ない・・・と言う訳ではありません!
今の照明を変えたり工夫を加えたりすることで、皆さんのお部屋はもっと素敵になるかもしれませんよ。

今回は、そんな照明についてお話していきたいと思います。

照明の選び方

照明にはいろいろな種類・タイプがありますよね。
どの部屋にはどんな照明が適しているのか、しっかりと考えてみることが大切です。

・リビング

一人暮らしでも、誰かと一緒に暮らしているとしても、基本的にのんびりできる場所ですよね。
テレビを観ながらソファーでゴロゴロ…なんていうリラックスの時間を過ごすところです。

そんなくつろぎの場所には、強めの照度は必要ありません。
当たり前ですが、照度が高いと目が冴えてきます。リラックスの場には、目を疲れさせない明るさが適しています。

なので、シーリングライトなら明るさを切り替えらるものが良いでしょう。
シーリングライトは、天井に取り付けられる最も一般的な照明です。
シンプルでどんな部屋にも合うのが強みですが、人とは違う照明にしたいという人には適していないかもしれません。

人と差をつけたいという人は、天井から吊り下げるタイプの「ペンダントライト」や「シャンデリア」がおすすめ。

ペンダントライトは、部屋全体を照らすというよりも、ピンポイントに特定の場所を照らしたい場合に使うことが多いものです。
デザインも豊富にあるので、おしゃれさを追求したい人にはおすすめ。

また、シャンデリアライトは、華やかな空間を演出してくれます。
最近は小ぶりでかわいらしいものなど、サイズやデザインも多種多様です。

・キッチン

キッチンは、料理をする・配膳をする場所。手元が明るく見えないといけないのはもちろんですが、影が出来にくく、ものの色がきれいに見えるような照明が求められます。

「影が出来にくい」「色がはっきりと見える」という条件を満たすためには、蛍光灯よりもLEDを使用することが増えてきているそうです。

やはり、料理は手先での細かな作業が必要になるので、手元を明るく見やすく照らしてくれるスポットライト(手元灯)を設置するのも良いでしょう。
その際には昼白色がベスト。お肉を焼くときの微妙な火加減を見たい場合など、赤みのある照明では焼き加減の判断がつかないこともあります。
食材の色味をしっかりと識別するためには、やはり昼白色がふさわしいと言えるでしょう。

・寝室

まずは、寝室での過ごし方をイメージしてみると良いかもしれません。
寝室は寝るためだけの部屋とするならば、照明についての計画はさほど必要ではないかもしれません。
読書をしたり、テレビを観たり、夜中トイレに起きることなどを想定すると、照度の幅がある程度必要になってきますよね。

そのため、照度の調節が可能なスタンドライトなどの設置が必要と言えます。

ホテルの部屋などをイメージするとわかりやすいかもしれません。
ヘッドボードの間接照明、枕元の手元灯、スタンドなどが設置されていることが多いですよね。

寝室と言っても単に寝るだけの部屋ではなく、人によっていろいろな用途で使っていたりします。それぞれの用途にふさわしい照明があると、寝室での過ごし方がより一層快適になります。

・子ども部屋

子ども部屋は、ある程度の年齢になると、子どもの勉強部屋として機能するようになりますよね。

あまり明るすぎる勉強部屋だと、入眠の際に影響が出てしまうようです。
目が冴えてしまい、なかなか寝付けなくて夜更かしするという悪い流れを作ってしまいかねません。

なので、目が疲れないような明るさを抑えた暖かい照明が適しています。
ただし、間接照明のようなぼんやりとした明るさは避けた方が良いでしょう。光の量が足りず、視力の低下につながってしまいます。

明るさを保ちながらも、目に優しい暖かな照明を選ぶことがポイントです。

・トイレ

一般的に白熱灯が用いられます。
飲食店などでは、必要最低限の明かりで大人な雰囲気を演出している場合もありますよね。
トイレはプライベートな空間。自分が落ち着ける場所にするためには、思い切って薄暗い照明にしてみるのもアリかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
一口に照明と言ってもさまざまな種類があり、それぞれの機能も異なります。
普段何気なく使っている部屋の照明、本当はもっと適したものがあるかもしれません。

賢く照明をコーディネートとして、自宅をもっと心地よい空間にできると良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始