太陽の光を上手に取り込みましょう!寒い日も暖かなマイホーム!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ日本の本格的な冬の到来です。

四季折々の変化で日本はとても美しいのですが…寒さの厳しい季節は気持ちまで悲しくなるものですね。

とにかく我慢して乗り越えよう!というのも考え方としてはいいかもしれませんが、家の中の温度によって幸福指数が低下してしまうのは悲しいことです。

そこで今回お伝えするのは、日本の冬を快適に過ごすにはマイホームの設計にどんな工夫をすればよいのかということです。
快適に過ごしながらも、光熱費を少しでも削減できる方法をお伝えしたいと思います。

 

まずは、マイホームを暖かくすることが何故そんなに大切なのかをご紹介してからにしましょう。

冬に寒い家に潜む危険

日本の家は木造建築が多かったせいもあり、冬に寒いのは当然という概念が多くの日本人にはあるようです。

そのせいか、寒くても我慢してしまったり、沢山着込んでみたりする方も多いのではないでしょうか。
もちろんコタツやストーブで工夫したりしているお宅も沢山あると思いますが、局所的な暖かさではなく住まい全体が暖かくなるような対策をしているお宅は少ないかもしれません。

しかし、住まいの寒さ対策をしないことの危険は近年のデータにはっきりと表れています。

ある調査によると、このようなデータが出ています。

厚生労働省の研究班の調査では、溺死を含め年間1万9,000人のヒートショックによる死者が出ています。

全日本交通安全協会によると、交通事故死亡者数は近年ですと年間3~4,000人代となっています。

こうなると単純計算で、交通事故よりも約5倍の危険といえます。

ですから、冬の寒さを単に我慢の問題とみるのではなくて、事前に対策しておくことが非常に重要だということがわかります。

では、もしこれから家を建てる場合に、どのようなことに注意して家づくりに励めばよいのでしょうか?

予算のこともそれぞれあるので、今回は非常に基本的で簡単なことであり、今後長い目で見ても光熱費が高騰しない方法をご紹介しましょう。

太陽の光を取り込んで冬でも小春日和を体感!

寒い冬、外に出るとキリリと冷え切った風が頬を冷やします。

天気のいい日に外で待ち合わせのときなどは、少しでも陽の当たる場所を探して暖を取ろうとするものです。

そんな場所には自然に猫たちも集まっていたりして、みんな自然の光に温もりを求めている光景があるものです。

つまり、この光景を家の中に持ち込めればいいわけです。

ストーブをガンガン焚かなくても、太陽の光は空気を汚すことなく、私たちの体をほんわかと温めてくれる優れものなのです。

でもどうすればよいのでしょうか?

陽の光を遮るものが出来るだけない方が良いということです。

家の場合は、光はどこから入りますか?当然、窓ですよね?

ですから、光を出来るだけ多く取り込めるように窓の角度や高さを調整するのです。

冬に寒くなるのは日照時間と関係しています。

冬は太陽が出ている時間が短いので、それだけでも寒くなってしまいます。

しかし良い面もあります。太陽の高度が下がり低い位置から光が差し込むことになるため、家の奥まで光が届くのです。

ですから、冬には太陽の光が家の奥まで差し込むような窓の作りにしておけば、真冬でも小春日和のような暖かさを家の中で体感できるという訳です。

 

これを実現するためにはどうすればよいのでしょうか?

次にその点を挙げてみましょう。

窓の位置をどう工夫すればよいの??

窓の高さは、昔の日本家屋は結構低かったのですが、最近は高い窓も増えています。

光を出来るだけ多く取り込みたいのであれば、天井ギリギリまで高くすることも出来るでしょう。
2m~2.4mが現在では主流ですが、天井の高さに合わせて更に高くすることも出来るかもしれません。

住宅が密集している・敷地が広く取れないなどの光を取り込むのが難しい場所でも、こうした工夫をすることで出来るだけ沢山の光を取り入れることが出来るようになります。

その他にもこんな工夫ができます。
・光の反射を使う
・縦長の窓を複数設置する
・すりガラスでプライバシーを守りながら光を取り込む

たくさんの窓から光を取り込めるような作りにして、周囲の壁の色を光が反射しやすいものにしておくことで、明るさと柔らかな暖かさを確保することが出来るでしょう。

寒い冬に行燈部屋にならずに自然の光を上手に取り込みたいですね。

まとめ

ご紹介したような工夫をした上で、家の作りは高断熱高気密にしておくことをおすすめします。自然の力で暖かくなった室内空間に、外の冷たい冷気が入り込まないように出来るのです。

今回ご紹介したのは比較的狭い敷地でも実践しやすく、省エネの方法ですから、家計にも身体にも優しいです。

自然の力を活用しながら、寒さを乗り越えてゆきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始