寒さに負けずに快適な眠りを!快眠のために必要な環境や習慣とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、季節が冬へと変わろうとしています。
日中は暖かい日も多いですが、朝晩は冷えることも増えてきましたよね。

冬は、暖房器具で体を温めて、入浴でもしっかりと体を温めて・・・と
体をいたわることが増える季節です。

でも、本当に寒さに負けない体を作るためには、‟眠り”の充実度が重要になってきます。
眠りを充実させるためには、体と心の両方のリラックスが重要です。

今回は、よりよい眠りのために心がけておきたいポイントなどを含めて、お話していきたいと思います。

よい眠りを作ってくれる寝室とは

★室温

冬の寝室では、16~19度が最も快適な睡眠ができる温度だと言われています。
リビングから寝室に行ったとき、寝室の方が寒いと感じると、交感神経が興奮して目が冴えてしまうようです。

また、寝床の中は体温に近い32~34度が適温。
湯たんぽなどで事前に温めておくと、入眠の環境が整いますよ。

★湿度

寒い場合には、エアコンの暖房を使用する人も多いかと思いますが、これだと空気が乾燥してしまいます。
喉を痛め、風邪を引く原因になりかねません。

50%程度の湿度が必要なので、加湿器を使ったり、濡らしたバスタオルを吊るすなどして、部屋の湿度を保てるようにしましょう。

★服装

冬になると、厚手やモコモコの素材のパジャマが多く売られるようになりますよね。
でも、こういった素材のパジャマは、時に快適な睡眠を妨げる要因にもなります。

厚手やモコモコ素材のパジャマを着て寝ると、スムーズな寝返りを妨げてしまい、肩こりや腰痛、疲れが十分に取れないなどのトラブルにつながりかねません。
また、たくさん着込んで寝るのも、寝返りをしにくくしてしまいます。

寝返りには重要な役割があります。
「腰や背骨のゆがみの矯正」、「血液循環を促す」、「筋肉の疲れを取る」など。
私たちが快適な睡眠を取るために寝返りはとても大切なのです。

厚手のパジャマや重ね着は、快適な眠りのための寝返りを抑制してしまいます。
眠るときは、薄手で汗を吸い、温度や湿度を調節しやすい生地のパジャマにしましょう。

★色使い

寝室の壁や床は、ビビットな色は使わない方が良いでしょう。
ベースカラーを中心に同系色でまとめると、心が落ち着ける寝室になります。

同じような色だけだと物足りないと言う人は、クッションなどの小物で色のアクセントを付けると良いでしょう。

 

補足ですが、寝室から一歩出た部分の照明についても注意が必要です。

冬は寒さのせいもあり、夜中にトイレに起きる人も多いですよね。
その際、廊下やトイレの照明がまぶしすぎると、一気に目が冴えてしまいます。
そうなると、その後再び眠りにつきにくくなってしまいます。

寝室はもちろん、廊下やトイレの照明にも気を配ることで、よりよい眠りへとつながります。

快適な眠りをもたらす飲み物・食べ物とは?

私は、コーヒーが大好きです。
でも、寝る前に飲みすぎると、やはり眠りに悪影響が出てしまいます。
(なかなか入眠できない、トイレに何度も起きてしまうなど)

以前は寝る前でもたっぷりコーヒーを飲んでいましたが、子どもが生まれてからは、睡眠の大切さが身に染みるようになったので、飲むとしてもほとんど牛乳のカフェラテ、もしくはノンカフェインの紅茶にしています。

眠りの前に飲む、ノンカフェインの飲み物としておすすめなのが・・・

・たんぽぽ茶
乾燥させたたんぽぽの根から作ったたんぽぽ茶。
コーヒーのような風味もあるため、たんぽぽコーヒーと言われることもあるそうですが、コーヒーと違ってカフェインは入っていません。
妊娠中や授乳中の女性、コーヒーが苦手な人でも気軽に飲むことができます。

・ルイボスティー
ルイボスティーの中に含まれる酵素は、細胞の新陳代謝の促進や体の免疫力を高める効果があるようです。

・しょうが紅茶
周知のとおり、しょうがには体を温める作用がありますよね。
体が温まることで、血液の循環が良くなり消化機能も高まるそうです。
紅茶には通常カフェインが入っていますが、ノンカフェインの紅茶を使ったしょうが紅茶もあります。これなら、ノンカフェインで体への負担も無く、体もぽかぽかになると良いこと尽くしですね。

快適な眠りのためにぜひ取っていただきたい食品もあります。

・必須アミノ酸「トリプトファン」

あまり聞きなれない物質ですよね。
トリプトファンは、魚、卵、乳製品、大豆製品などに含まれています。

トリプトファンを原料として、日中に脳内に「セロトニン」という神経伝達物質が作られ、それが夜になると睡眠を促す効果のあるホルモン「メラトニン」へと変わるそう。

なので、魚、卵、乳製品、大豆製品は、快適な眠りのためには重要な食品なのです。

今は、特に秋鮭が美味しい季節。
鮭を使った料理で、トリプトファンを上手に摂取してみてはいかがでしょうか。

まとめ

前例のない酷暑だった今年の夏を過ごしてきた私たちは、これから寒く厳しい冬を迎えなければなりません。

寒さに負けない体作りのためには、よい眠りがとても大切です。
皆さんも、よい眠りのための暮らしを、今一度考えてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始