放っておくと大変!?これからの季節に起きやすい結露、その対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日増しに寒くなるこの時期。
秋が終わると、あっという間に冬がやってきます。

冬は暖房が欠かせなくなりますよね。

暖房を付けていた部屋が、寒くなったとき。
室温と外気の温度差があったとき。
人が大勢部屋にいるとき。

部屋の中には、‟アレ”が起きやすくなります。

 

 

 

 

そう、‟結露”です。
この結露、放っておくと、住まいの中にさまざまな問題を引き起こす可能性があります。

今回は、そんなやっかいな存在である結露について、お話ししていきたいと思います。

結露の原因って?

冒頭でお話ししたとおり、気温差によって生じます。
大きな原因は二つ。

一つ目は、室内と室外の気温差が大きいこと。
二つ目は、室内の温度が高いこと。

冬は、寒さのため部屋を閉め切って、暖房をずっと付けている状態が続きますよね。
そんな暖かい空気が、窓の外からくる冷たい外気で冷やされたとき発生するのが、結露。

乾いたグラスに、冷えた飲み物を注いだときにも、同様の現象が起きます。グラスに水滴が付着しますよね。

結露を放っておくとどうなる?

結露には、大きく二つの種類があります。
それは、「表面結露」と「内部結露」。

窓が曇ったり水滴が付着したりするのは、表面結露です。
そして、それを放っておいてしまった場合、最も起こりやすいトラブルが、‟カビ”です。
窓枠の下部に、黒い点があったら・・・カビかもしれません。

実際、我が家のカーテンの下部にも、残念ながらカビが少しだけ付着していました・・・
どうやら、冬の間に窓に発生した結露が原因で、カーテンにカビが付着してしまったようです。

カビが好む温度は25~35℃、湿度は75%以上と言われています。
そうなると、「夏の時期だけ」といった印象を持ってしまいがちですが、実はそうではありません。
現在の家は、寒い季節は暖かさをキープできる造りになってきているので、年間を通してカビの発生は起こりやすくなっているのです。

このように、結露→カビの流れはよく起きてしまう現象。
また、ただ単にカビにとどまらず、そこにホコリが加わって、アレルゲンになってしまう危険性もあるのです。

また、床のフローリングに結露の水分がしみ込み、木材が腐ってしまうこともあるそうです。
こうなると、床の張替え工事をしないといけなくなってしまいますよね。

やはり結露は、対策や対処をせずそのままにしておくと、家の中に大変なトラブルを引き起こす可能性があるものだと言えます。

結露の対策とは?

基本的な結露対策は以下の通りです。

①換気・除湿(湿度が高く、空気中に水蒸気量が多いと結露しやすいため)
②断熱・暖房(窓ガラス表面の温度を上げる)

まず①ですが、結露は湿度が高い場合に起きるので、湿気を追い出すことが大切です。
そこで、こまめに換気扇を回すと効果的です。

また、除湿器などを使って、部屋の湿気を取り除くことも重要。
観葉植物や花瓶など、湿気を多く含むものは、結露が気になるときは避けておきましょう。

次に②です。
冷たい外気が部屋の中に入ってこないようにするためには、家の断熱対策が必要です。
一番手軽な方法は、断熱シート・断熱フィルム・結露防止シートなどを貼っておくことです。
サッシに付いてしまう結露を吸い取るテープなども、販売されています。

このような貼るタイプの製品は、貼りっぱなしだと逆にカビの発生原因になってしまうこともあるので、年に1回程度は貼り替えるようにすると良いでしょう。

また、暖房器具選びにもポイントがあります。
ヒーターやストーブなどは、燃やしている間に水分が発生するため、室内の湿度を高めてしまうことにもなり、その結果結露を招きやすいとも言えます。
そのため、湿度を上げずに暖かくしたい場合は、エアコンが良いでしょう。

室内は、40~50%程度の湿度がベストだと言われています。
乾燥しすぎは体に悪く、高い湿度は結露を招く・・・
なんとも難しいところですが、適度な湿度を保つことが大切です。

もし結露を見つけたらどうする?

もし結露が出来てしまったら、そのまま放置せず、対処が必要です。

・結露をすぐに拭き取る
先ほどもお話しした通り、結露はカビやアレルゲンの発生にもつながることがあります。
結露を見つけた場合は、乾いた布で水滴をしっかり拭き取り、できれば窓を開けて風通しを良くしましょう。

・アルコール消毒をする
カビはサッシやカーテンなどに付着するまでは、はっきりと目に見えませんよね。なので、アルコールスプレーなどで、存在しているかもしれないカビの菌を、しっかりと除菌しておきましょう。
結露があった箇所、気になる箇所に吹き付けておくだけで、かなり効果的です。

ただし、ゴムパッキンに付着したカビは、なかなかに手ごわい存在。
ゴムパッキン専用の洗剤などを用いないと、汚れが落ちない場合もあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

皆さんも、本格的な冬到来の前に、今一度結露対策を見直してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始