今注目の「メンテナンスフリー外壁」で大切な我が家を長持ちさせたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人にとって、マイホームを持つことは憧れで、大きな目標でもあります。

ところが、念願のマイホームを手に入れることができても、その喜びも束の間、今度は大切な資産を保つための「メンテナンス」という労力と経済的負担が必要になります。

お家を購入してからその大変さに気付き、苦労する人も多いようです。
できれば、メンテナンスに手がかからない住まいが望ましいですよね。

しかし、外壁や屋根などの外回りは、常に雨風や紫外線など厳しい自然環境にさらされており、劣化を避けることはできません。

美観的にも快適に過ごすためにも、メンテナンスは大なり小なり必要です。

そこで最近注目されているのが 「メンテナンスフリー外壁」 です。

高価な材料ながら、人気、関心が高まっているそうです。

今回は、この「メンテナンスフリー外壁」がどのようなものかをお伝えします。

一般的な外壁のメンテナンスが必要になる時期は?

新築で建てたお家も、10年〜15年すると外壁や屋根の色褪せが目立ち始めます。
塗膜の劣化が進行するとひび割れなどをおこし、雨漏りの原因などになりかねません。

立地や外壁材の種類やグレードによってもメンテナンスが必要となる時期は変わってきますが、サイディング壁やモルタル壁の場合ですと、10年くらいからが塗り替えなどのメンテナンス時期と言われています。

具体的には”チョーキング”という現象で、外壁に手を押し付けて離した時に手のひらにチョークの粉の様なものがついていると、途膜が劣化してしまったサインで、メンテナンスが必要と考えられています。

一般的な外壁塗装の費用はどのくらい?

サイディング壁やモルタル壁の塗装となると、面積や塗料のグレードにもよりますが、標準仕様でも100万円程度と言われます。

サイディング壁の場合、継ぎ目となるシーリングの交換も必要となり工事のための足場も建てなければならないので、+50万円程が同時にかかります。

この費用が10年〜15年毎にかかるとなると家計にも大きな負担になり、頭を抱えてしまいます。

 

そこで注目されているのが「メンテナンスフリー外壁」です。

メンテナンスフリー外壁とは?全く手入れの必要がないの?

最近は「耐久性のある素材を使い、耐震性にも優れた構造なので、家族3世代、100年は平気で住めますよ!」などと謳うハウスメーカーさんもちらほら。

1度建ててしまえば、家が寿命を迎えるまで何の手も加えなくて良い。そんな建物があればそれはそれは魅力ですが、形あるものそうはいきません。

実際のところは 「でも、メンテナンスはきちんとしてね!」 ということのようです。

気になる「メンテナンスフリー外壁」も同様、全くメンテナンスが必要ないということではないようです。

「メンテナンスフリー外壁」とは、一般的な外壁に比べ、耐久性、耐候性に優れ、耐久期間が長い機能を持つ外壁のことをいいます。

その結果、メンテナンスのスパンを延ばせるため、生涯でメンテナンスにかける総コストを抑えられて、手間も軽減できる点が魅力です。

メンテナンスフリー外壁と一般の外壁の違い

外壁材には色々と種類がありますが、サイディング壁とモルタル壁が主流です。

一方「メンテナンスフリー外壁」は主に以下のものが挙げられます。

 タイル外壁

② サイディングやモルタル塗りの壁 +高性能塗料を施したもの

③ ②+光触媒塗装を施したもの

 

①タイル外壁

土や砕いた石などを高温で焼き、成型したタイルを外壁の仕上げとするものです。
耐久性に優れ、傷や汚れにも強く、メンテナンスフリー外壁の代表的な仕上げといえます。
しかし、材料費が高く施工の手間もかかるため高コストになってしまうのが難点です。

 

②高性能塗料を施したもの

外壁の主流であるサイディング壁やモルタル壁は、高性能の塗料を施すことで耐久性が高まり、メンテナンスフリー外壁と呼ばれるものになります。
高性能塗料とはシリコン系やフッ素系塗料のことで、標準の塗料の塗膜耐用年数が5〜10年であるのに対して、これらの耐用年数は12年〜20年とされ、現実的には30年くらいは持つとも言われています。


<一般的なサイディング壁(左) モルタル壁(右)>

③光触媒塗装を施したもの

光触媒塗装とは外壁に付着した汚れを太陽光によって分解し、雨や水によって洗い流す自浄機能のある塗料で、主に高性能塗料の上に施すとより効果が高まるというものです。
洗浄機能の他にも、ホコリ等の汚れが付着しにくくカビや苔も発生しにいため、外壁の美観も保つことができます。

メンテナンスフリー外壁のコストは?

やはり気になるのがコスト面ですよね。

当然かもしれませんが、耐用年数が長いもの程高くなる傾向にあります。
シリコン系塗料<フッ素系塗料<タイル外壁の順となり、一般の外壁材やメンテナンスにかかる塗装塗り替え費用に比べ、1.2倍〜3倍くらいのコストがかかります。

メンテナンスフリー外壁の注意点

外壁メンテナンスにおいては、シーリングや目地のメンテナンスや交換も必須となります。

これらも、紫外線や厳しい環境にさらされることで次第に硬化しひび割れをおこし、万が一その隙間から雨水が入ってしまうと構造体を朽ちさせる原因となることもあります。

そしてやっかいなことに、目地交換は外壁塗装より早くメンテナンス時期がきます。
手間やコストの上でも、外回りのメンテナンス工事は一度にまとめる事が理想ですので、メンテナンスフリー外壁を採用する場合は、目地やシーリングの性能も良いものにすると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「メンテナンスフリー外壁」は、初期費用はかかりますが、メンテナンスの時期を延ばせるため、長い目で見るとランニングコストを抑えることができます。

マイホームを購入する時点では、住んでからかかるメンテナンス費用は頭から抜け落ちがちです。

本来ならばマンションの修繕積立のように後々必要になる費用を把握し、様々なライフイベントとのバランスをとりながらメンテナンス計画を立てて、資産管理するのが理想ですが、知識の面でも心情的にも中々難しいことですね。

しかし、大切な我が家で快適に長く過ごすためには重要なことです。

日々向上する材料の機能や技術の情報を集めたり、メンテナンスについての正しい知識をつけることで、楽しみながら住まいを管理していきたいものですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始