部屋の印象を決めるダイニングテーブル!自分に合ったものを選ぼう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、どんなダイニングテーブルを使っていますか?

ダイニングテーブルが部屋の印象を左右すると言っても過言ではないくらい、存在感の大きい家具です。

サイズはもちろんのこと、デザイン、用途などによって、様々なダイニングテーブルが売られています。

我が家のダイニングテーブルは結婚当初に購入したものです。
当時は夫と二人だけだったので不便を感じることはありませんでしたが、現在は家族4人で使用しているので手狭に感じることがあります。
普段は問題なく使用していますが、ホットプレートや大き目のお皿を置いた場合などにスペースが足りなくなるのです。

近々買い替えたいと考えていますが、最近は本当にたくさんの種類があり、まだまだ決め切れていません。

今回は、そんな多種多様なダイニングテーブルについて、‟失敗しない選び方”を含めてお話ししていきたいと思います。

テーブルの形は?

・長方形

4~6人用のものがほとんどです。
どんなタイプの部屋にもマッチしやすい形です。

 

・楕円形

優しく温かみのある雰囲気を演出してくれます。
我が家が使用しているのもこのタイプ。
角が丸みを帯びているので、小さい子供がいても安心です。

 

・円形

みんなが向き合うことができ、コミュニケーションを取りやすくしてくれる形です。
自然と家族団らんの空気を作ってくれそうですよね。

また、四角形と比較すると人数調整がしやすいのも特徴。
少し詰めれば、多少の人数の増加にも対応できます。

 

・伸張式

最近増えてきているのがこのタイプです。
使わないときはコンパクトになるので、部屋の空間を有効に利用できます。
‟普段は家族二人だけど、友達を呼んでホームパーティーをしたい”などの場合に、この伸張式はとても重宝します。

そんな便利な伸張式ですが、こんなデメリットもあるそうです。
・増えた人数分の椅子が必要になるので、結局椅子が場所を取る。
・天板の伸張部分にゴミがたまりやすい。

ちなみに、伸張式のダイニングテーブルは大まかに以下のタイプに分けることができます。

①バタフライタイプ・・・天板を羽のようにたためるタイプ。必要なときにだけ伸ばします。

②片側伸張タイプ・・・片側を脚ごとスライドさせ、天板をはめこみテーブルを伸ばします。

テーブルのサイズは?

私たちが食事をする際に必要な一人分のスペースは、幅60㎝×奥行40㎝と言われています。
このスペースは「一人分の食器を並べられる」「隣に座る人とぶつからない」を基準として考えられています。

我が家で現在悩んでいるのは、まさしくこのサイズ感。
食事をする際には特に狭いと思わないのですが、ホットプレートなどを置いたり、来客の際に取り皿を置いたり調味料を並べたりすると、あっという間にスペースがなくなってしまいます。

やはり部屋の空間に余裕があるのなら、ダイニングテーブルは広い方が使い勝手が良いように思います。

テーブルの材質は?

最もポピュラーなものが木材。
大理石、ガラスなど木材以外の材質のダイニングテーブルは、日本ではあまり浸透していないようです。

そして、木材と言っても「無垢材」と「プライウッド」の二つがあります。

無垢材とは、その名の通り無垢つまり天然の木を乾燥させたものです。
見た目にも重量感があります。
最近では無垢材の入手が難しくなってきているため、天板は無垢材で脚は他の素材という場合もあるそう。
天然の素材が持つ温かみが人気ですが、天然ゆえに手入れも必要になってきます。
水や油などのシミが出来てしまうこともあり、日焼けや乾燥にも弱い場合があります。

プライウッドは合板のことです。
1㎜程度の薄さの板を、繊維方向を90度変えて張り重ねて作ります。
デザインも多岐にわたっており、バリエーションが豊富という特徴があります。

食事以外の用途は?

皆さんのご家庭では、ダイニングテーブルは食事のためだけの場所ですか?

我が家では、子どもたちのお絵描き、折り紙などの工作、パソコンなどの作業など、食事以外の用途でも色々使っています。
あえて工作用の机やパソコンデスクを置かなくても、ダイニングテーブルで事足りることもあります。

小学生くらいのお子さんがいるご家庭なら、ダイニングテーブルで宿題をやることも多いのではないでしょうか?

このように、ダイニングテーブルは単に食事だけのスペースではありません。

食事以外の用途でも使いやすいものを選びたいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
冒頭でもお話しした通り、ダイニングテーブルは部屋の印象を左右する存在感のある家具です。

価格や大きさなどを考えても、失敗したくない買い物ですよね。

サイズや用途はもちろん、家族が増える可能性、どの程度の間使用したいのかなども、事前にイメージしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始