誰もが毎日使うトイレ!掃除のポイントは?大掃除はどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、今年も師走に突入しましたね。
年末と言えば大掃除。普段はあまり手入れをしない箇所を掃除する機会でもあります。

では、トイレはどうでしょうか?

トイレって、日頃からこまめに掃除することが多い場所ですよね。
でも、普段のちょこちょこ掃除だけでは、落とし切れていない汚れが実はあるのです!

今回は、大掃除で意外と手薄になりがちな‟トイレ”に注目して、お話ししていきたいと思います。

トイレの汚れの種類

・黄ばみ(尿石)
時間があまり経っていないものなら落とすのは簡単ですが、放置し続けていると石灰化、つまり「尿石」になってしまいます。
尿石は、尿に含まれるカルシウム成分によるアルカリ性の汚れです。
‟石”という文字の通り、放っておくと固くこびりついてしまいます。

・水垢
水に溶け込んでいるカルシウム成分が原因です。ざらざらとした状態で、手洗い場の金属部分などに付着してしまうことがあります。
この水垢も、蓄積されると固くなり、落としにくくなってしまいます。

・バクテリア、雑菌汚れ
黒ずみやピンク色の汚れで、便器に付着します。
便器の水が溜まっているところに、輪っかのように付く黒い汚れありますよね?
あれは、このバクテリアや雑菌が原因なのです。
この汚れは、こまめに掃除をしていても1週間程度で付着してしまうとても厄介なものです。

それぞれの汚れに適した掃除方法

先ほどお話ししたすべての汚れに、同じ洗剤や同じ掃除方法が効くわけではありません。
汚れの種類を知り、それぞれに対応する掃除をすることが大切です。

まず、尿石には酸性の洗剤が効果的です。
尿がアルカリ性であるため、その汚れを分解するためには逆の性質である酸性が必要だからです。
尿石部分に酸性の洗剤を垂らし、数分置いたあとブラシでこすります。
頑固な汚れの場合には、トイレットペーパーを湿布のようにに当てて、その上から洗剤を垂らしてしばらく放置しましょう。

次に、金属部分などに付いた水垢は、まずは雑巾やブラシでこすります。
それでも落ちない場合はメラミンスポンジを試してみましょう。
水垢もアルカリ性の汚れなので、頑固な汚れの場合には、クエン酸などの酸性の洗剤で掃除してみると良いでしょう。

そして最後にバクテリア・雑菌汚れですが、初期の汚れなら、特に洗剤を使用しなくてもブラシでこすればすぐに落ちます。
落ちにくい場合は、トイレ用洗剤を使用してブラシで掃除しましょう。

汚れの予防方法

こまめに掃除することが一番重要ではありますが、とにかく汚れを放置しないことがポイントです!
頑固な汚れになればなるほど落とすのが大変です。

なので、中性タイプの洗剤で、毎日掃除をしましょう。
就寝前やおでかけ前に、中性洗剤をスプレーしておくだけで、便器内の汚れは付きにくくなります。

また、最近では、便器内に直接スタンプして貼り付けるタイプの洗剤もありますよね。
そういった便利なものをうまく活用しながら、汚れが付きにくいトイレにすることが大切です。

手洗い場の金属部分に付きやすい水垢も、乾いた雑巾で水分を拭き取れば防ぐことができます。
一日一回掃除のときに拭き取るだけなら、そこまで負担にならないと思います。

見落としがちなトイレの‟あの場所”とは?

便器や手洗い部分などは、日頃から汚れているのもよく目につきますよね。
でも、目につきにくいけど気にかけたい場所が実はあります。
年に一度の大掃除でぜひやってもらいたい場所です。

まずは「換気扇」です。
換気扇には、ホコリがたまりやすいですよね。
普段は便器などのトイレそのものに目がいきがちですが、大掃除のときには換気扇のホコリもしっかりと掃除しておきましょう。

また、「水道管」もホコリが付きやすい箇所です。
我が家でも、しばらく放っておくとあっという間にふわっとホコリがかぶっているのが、この水道管。

トイレの中のホコリをしっかりなくすことも、トイレを居心地の良い空間にするためには大切なことです。

トイレ掃除の注意点とは?

ずばり、使用する洗剤です。
手軽に吹きつけて掃除できるタイプが多い中性洗剤。
尿石などアルカリ性の汚れに使う酸性洗剤。
便器の頑固な黄ばみ落としなどに使う塩素系洗剤。

一口にトイレ掃除と言っても、汚れによって使う洗剤はさまざまです。

そこで気をつけなければならないのが、‟塩素系”と‟酸性”を混ぜてはいけないということです。
皆さんもご存知かと思いますが、あの『まぜるな危険』です。
塩素系洗剤と酸性洗剤が混ざると、塩素ガスという猛毒なガスが発生してしまうからです。

塩素ガス発生の事故は、意外と起きてしまうことがあるようです。
例えば、便器の黄ばみ掃除に塩素系洗剤を使用し、尿石落としに酸性洗剤を使用した・・・など、汚れに応じてきちんと掃除しているつもりが、最悪の事態を招いてしまうことにもなりかねません。

なので、トイレ掃除の際は、複数の洗剤を同時に使用することは絶対にやめましょう。
「今日はここの掃除をしよう」と、掃除する箇所を特定してから取り掛かると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一日に何度も使う場所であるトイレ。
どうせなら、毎日気持ちよく使いたいですよね。

普段からの掃除方法を見直したり、この時期に思い切ってトイレの大掃除に取り掛かってみたり、皆さんのトイレ掃除への意識に少しでも変化があれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始