寒い冬はまだ続く!冬に流行る感染症に負けない方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年が明け‟新春”の文字を目にすることが多いこの時期。

暦の上では春の字があっても、まだまだ寒い日が続いています。

今の時期は毎年、インフルエンザや胃腸炎などが流行りますよね。
私の子どもの幼稚園のクラスも、先日学級閉鎖になってしまいました。

病気に負けず元気に冬を乗りこえたいですよね!

そこで今回は、冬の時期に流行するさまざまな病気に負けない、丈夫な体を作るための生活習慣についてお話していきたいと思います。

どうして冬に病気が流行るのか

そもそも、なぜ冬になるといろいろな感染症が流行するのか知っていますか?

それは、冬の‟気温”‟乾燥”が原因です。

冬は低温で湿度が低い、つまり空気の乾燥した季節。
この条件はウイルスが長生きするのに好都合です。

また、寒くなることで体温が下がります。
体温の低下は免疫力の低下を招いてしまうので、冬の時期、私たちの体はウイルスに感染しやすい状態になってしまうのです。

そして、冬は夏よりも水分補給が少なくなりますよね。
これが、体の乾燥を招いてしまう要因なんです。

私たちの体から水分が減ってくると、のどや鼻の粘膜も乾き気味になります。
本来は粘液でウイルスの侵入を阻止してくれるのですが、正常に機能しにくくなってしまいます。

その結果、ウイルスが私たちの体に侵入しやすくなってしまうということになるんですね。

感染症予防のためにできること

基本的なことをしっかりと

まずは、誰もが知っているであろう当然のことですが、

①手洗い・うがい

当たり前と言えば当たり前。でも、手洗いはしても‟うがい”って忘れがちになりませんか?

うがいはとっても大切な感染症予防対策なんです。

ウイルスはのどの粘膜にくっついたあと、私たちの体内に侵入します。
そこで、しっかりとうがいをすることで、のどの粘膜に付着したウイルスを洗い流すことができます。
このとき、薬用のうがい薬を使用するとのどの殺菌・消毒効果を高めることができますよ。

②マスク

感染症にかかる場合、せきやくしゃみなどの飛沫感染が原因であることが最も多いと言われています。
そこで、普段からウイルスが体内に入るのを防ぐため、マスクを使用することが大切です。

さらにやってみましょう

①と②は多くの方が日頃から実践している内容だと思います。

では、更なる予防法についてお話ししたいと思います。

③口腔ケア

口腔ケアとは、つまりは歯磨きのことです。
‟歯磨き”といえば「虫歯予防」や「口臭予防」といったイメージがありますが、歯磨きをすることで口内環境を整えることができます。

口内にある粘膜や粘液は病原体に対する防御機能を持っています。
口から入った病原体が粘膜に付着すると、体内に侵入しるのを阻止しようと働くのです。
整った口内環境とはその機能が保てている状態のことをいいます。

口内を不衛生にしておくことで細菌が増えてしまい、粘膜や粘液の機能を破壊してしまいます。

歯磨きは虫歯や口臭の予防だけではなく、感染症のウイルスを体内に取り込まないことにも役立つと言えます。

④感染経路の除菌

家族の中で感染者が出てしまった場合、次に心配されるのが他の家族にうつってしまうことですよね。

我が家でも、上の子が風邪を引くともれなく下の子にもうつるというパターンが多々ありました。

家の中でウイルスの感染場所となりやすいのが、ドアノブ、台所、トイレ、子どもの場合はおもちゃと言われています。

これらの場所は、人の手が必ず触れられる部分です。
ウイルスは人の手から手へと感染する場合が多いので、よく触れる場所は除菌することが大切です。

⑤タオルの共有はしない

せっかくきれいに手洗いしても、そのあと水気を拭き取ったタオルから病気に感染してしまう例もあります。

使用済みのタオルは湿り気があって菌が増殖しやすい場所です!
家庭内でも同じタオルをみんなで使うことは止めたほうが良いでしょう。

我が子の幼稚園でも、感染症の流行るこの時期はお手拭きタオルの使用は中止されていて、ペーパータオルやティッシュなど使い捨ての紙で対応しています。

感染症に負けない体をつくる食事

丈夫な体とは、つまり免疫力の高い体のこと。
体の免疫力を高めることが、簡単に病に感染しない体作りにつながると言えます。

・タンパク質
免疫として機能する白血球細胞や抗体の原料となる物質です。
肉、魚介類、豆腐、納豆、乳製品、卵、豆類など

・緑黄色野菜
粘膜を正しく機能させてウイルスの侵入を防いだり、免疫力アップも期待できます。
小松菜、ニラ、かぼちゃ、にんじん、ピーマン、ブロッコリーなど

・発酵食品
有害菌の増殖を抑え、免疫を活性化します。
ヨーグルト、納豆、漬物など

最後に

まだまだ寒さは続きそうです。
今回お話しした予防法は、すぐに実行できるものばかりですのでぜひお試しください。

感染症にかからない、広めないという意識を持ってしっかりと予防し、健康な毎日を送りたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始