住まいのバリアフリーってどんなもの?暮らしやすくなる工夫とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは‟バリアフリー”と聞いて、どんなものをイメージするでしょうか?

例えば、駅ではほとんど設置されているエレベーターやスロープ。
あるいは、歩道の点字ブロックも、目の不自由な方を安全に誘導するための設備なので、これもバリアフリーの一種と言えますよね。

簡単に言うと‟バリア”とは邪魔、不便なもの、そして‟フリー”はそういった邪魔なものがない状態のこと。
設備を整えたり配置に工夫を加えたりすることで、邪魔であり不便なものを目の前からなくしていこうというのが、バリアフリーの大まかな定義です。

今回は、そんなバリアフリーを取り入れた住宅に注目し、バリアフリーな住まいとはどんなものなのか、実例などを含めてお話していきたいと思います。

住まいの中でのバリアフリー(場所編)

現在新しく建築されている施設などの多くは、バリアフリー対応になってきています。

先ほど挙げた駅でのエレベーターをはじめ、ほとんどの施設でエレベーターはあって当然の設備になりました。
また、駅やショッピングセンターなど多くの人が利用する場所のトイレは、優先トイレなどと書かれた広いトイレがあることがほとんどですよね。

では、住宅の場合、どんな場所がバリアフリー対応できるのでしょうか。

・玄関
段差があると、車いすを使用している人などは誰かの手を借りないと上れません。
また、高齢者の場合は、小さな段差にもつまずきやすいため危険ですよね。
そこで、家の入口である玄関は、階段ではなくスロープにすることがバリアフリー対応と言えます。
また、造りによって急なスロープしか設置できない場合は手すりも必須。
足腰が弱ってきたときに、こういった手すりがあるのとないのとでは、生活のしやすさに大きな差が出ます。

・ドア
一般的なドアではなく、引き戸タイプが良いでしょう。
ドアをスライド式に変えるだけで、体をそれほど使わずに出入りすることが可能になります。

・キッチン
年齢を重ねたときのことを考えると、シンクは低めの方が使い勝手が良いようです。
キッチンは基本的に立ちっぱなしで作業する場所であるため、高齢者にとっては体への負担が大きいもの。
なので、座って調理することが可能なくらいの低さに設置しておくと、将来的には便利だと言えます。

・トイレ
公共のトイレとは違い、住宅のトイレはそこまでの広さは確保できないですよね。
広々と造るのは厳しいかもしれませんが、手すりをつけるだけでも将来的にかなり楽になります。

・廊下、階段
車いすを使用することを想定し、車いす一台が壁にぶつからずに通れるスペースを確保することが大切です。
また、廊下や階段には手すりがあると良いですね。

・寝室
もし寝たきりなどになった場合、一日のほとんどを寝室で過ごすようになるかもしれません。
寝室の出入口の段差をなくすことはもちろん、出入口には手すりがあるとより安心。
介助が必要になったことを想定して、介助者も動きやすく本人も生活しやすいような、ある程度ゆとりのある広さが望ましいと言えます。

・リビング
リビングは生活の中でも多くの時間を費やす場所となるので、すべらない床材を使用することが大切なポイントです。
体の自由がきかなくなってきた場合を考えると、やはりつまずきや転倒の防止が必要になってきます。
また、ヒートショックを防ぐためにも、床暖房の機能が付いているとより安心と言えます。

・浴室
私の自宅にもありますが、浴槽内の手すりは動作を補助するために必要です。
また、浴槽はまたぎやすい40㎝以下にすると良いでしょう。

住まいの中でのバリアフリー(機能編)

バリアフリーが施された部屋については先ほどご紹介しましたが、ここでは更に進化しているバリアフリーの機能についてご紹介します。

・玄関チャイム
聴覚障がい者の人用に、点滅するライトが来訪を知らせるタイプのチャイムもあります。

・照明
バリアフリー住宅を考える上で、見落とされがちなのがこの‟照明”。
実は、高齢者になると視力が低下するだけではなく照度(明るさ)に鈍くなります。
そのため、明るい部屋にいるのに薄暗く感じたり、逆に多少のまぶしさに耐えられなくなったりと、照明に関していろいろな不都合が出てくる場合があるそうです。
20代と高齢者を比較した場合、60代で約2倍、70代で約3倍の照度が必要になると言われています。
だからと言って、高齢者の住まいを普通よりもただ明るくすれば良いというわけではありません。
玄関や勝手口は薄暗い場所なので、高齢者にとっては転倒しやすく危険な場所。
基準の2~3倍(3~30lx)の明るさを確保し、できれば人感センサー機能の付いたポーチライトを設置しておくと、防犯対策にもなります。
また、生活の中心となるリビングは、主照明のほかに間接照明があると光のまぶしさを分散させることができ、目に負担が少ないようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

誰もが年齢を重ね、いずれは若い頃と同じような毎日を送るのが難しくなる日々がやってきます。

そんな中で、‟マイホーム”という存在は毎日を快適に過ごすことができる、心も体もくつろげる場所であり続けてほしいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始