不動産を売却するならベストタイミングで行うことが重要!

HOME / 不動産を売却するならベストタイミングで行うことが重要!

不動産の売却を再販業者に依頼したいとお考えの方は多いでしょう。不動産を売却する場合は、売却のタイミングを考慮することが重要です。では、売却に適したタイミングはいつでしょうか?ここでは、季節・築年数・税金というセクションごとに、売却に適したタイミングを見ていきましょう。

不動産売却に適した時期とは?~季節編~

日本では、一般的に4月から新しい年度がスタートするため、入学や転勤などに伴い、引っ越しは3月近辺に集中する傾向にあります。

そのため、マンションや戸建てなどの住宅は1月~3月に最も多く売れ、同時に価格についても高く売れる期間となります。逆に4月になると需要が少なくなるため、3月までには確実に売却成立を決めておきたいところです。

1月に売り出しを行い、売却活動を経て2月・3月で売買契約を締結という計画が可能であれば、タイミングとしては最適と言えるでしょう。また半期となる9月にも4月には及びませんが、需要が高まる傾向がありますので、3月までに売却できない場合は、この時期もおすすめです。

不動産売却に適した時期とは?~築年数編~

不動産売却に適した時期とは?~築年数編~

物件の築年数という指標は、売却時の大きな判断材料となるため、売却をするのであれば節目には注意しておきたいところです。マンションも戸建ても築15年を節目として価格の下落が顕著になるという傾向があります。

売却は築15年以前のものが有利となるため、それまでに検討することが望ましいと言えるでしょう。また、25年を過ぎたあたりから底値が見えてくるということも傾向としてあります。

不動産売却に適した時期とは~税金編~

不動産売却に適した時期とは~税金編~

不動産を売却して利益が発生した場合、それを譲渡所得と言いますが、譲渡所得に対しては所得税と住民税が課税されます。それらの税率は不動産を所有する期間に応じて決定されるため、注意が必要となります。

所有期間が5年以内の短期譲渡の場合、所得税は30%、住民税は9%です。所有期間が5年超の長期譲渡の場合、所得税は15%、住民税は5%となります。このように、所有期間の切り替わりで税率が大きく変わるため、税金を考慮するのであれば最低でも5年超となるタイミングでの売却が望ましいと言えます。

ただし、居住用財産の売却となる場合は、所有期間に関係なく3000万円の特別控除の対象になります。よって、居住用財産であれば、さほど税金について気にする必要はないでしょう。

「複数の再販業者に売却を依頼したけれど、売却が難しいと言われた」など、売りたいのに、売れないとお困りの方もいらっしゃるでしょう。所有する不動産の売却を再販業者に依頼する際は、よくばり売却ドットコムをご利用ください。

よくばり売却ドットコムは、「家が売れない」というお悩みを解決するために、独自の6つのプランをご用意しています。不動産の売却は、長い人生の中でもあるかないかの大きなイベントです。だからこそ、自分自身が納得する価格で売りたいものです。

よくばり売却ドットコムは、そうしたお客様の想いを真摯に受け止め、それを実現するためにしっかりとお手伝いいたします。不動産の再販業者をお探しならよくばり売却ドットコムへお気軽にどうぞ。

不動産の売却を再販業者に依頼するならよくばり売却ドットコムにご連絡を

会社名 株式会社カンシンホールディングス
住所 〒273-0035 千葉県船橋市本中山1-6-15
事業所
  • 本中山事務所(千葉県船橋市)
  • 高砂事務所(東京都葛飾区)
  • 麻布事務所(東京都港区)
事業内容
  • 一級建築士事務所
  • 不動産売買
  • 賃貸管理
  • 住宅維持管理
  • 投資運用コンサルティング
  • シェアハウス運営
TEL
  • 047-711-3441
  • ※営業の電話は固くお断りしております。
FAX 047-314-8861
URL https://よくばり売却.com/
不動産仲介無料査定 こちらをクリックしまして、フォームよりご連絡下さい
お問合せ・相談予約 お問合せフォームよりご連絡下さい

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始