相続した家を売却するには?

HOME / 相続した家を売却するには?

相続した家の管理が難しく、空き家のまま放置している方もいらっしゃるでしょう。空き家でも、固定資産税はかかってしまうため、将来的に活用する予定がない場合は、売却することをおすすめします。ここでは、相続した家を売却するまでの流れについて解説していますので、相続物件の売却をお考えの方はぜひご覧ください。

家を相続する場合は遺産分割協議を行う

家を相続する場合は遺産分割協議を行う

親から実家を相続する場合、相続人全員が集まって遺産分割協議を行う必要があります。遺産分割協議では相続人全員で話し合って、親が残した家を誰が引き継ぐのかを決めます。相続人全員の合意ができたら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書には遺産分割協議で話し合った結果を全て記載し、相続人全員が押印します。遺産分割協議書を作成しないと、相続した家を売却することはできません。

遺産分割協議で意見が対立して協議が決裂した場合は、家庭裁判所の調停でもう一度話し合い、それでもまとまらなかった場合は審判へ移行します。協議がまとまるまでは相続した家は勝手に売却することはできません。

相続登記・名義変更も忘れずに行う

相続登記・名義変更も忘れずに行う

遺産分割協議がまとまれば、相続した家は売却することができますが、その前に所有権移転登記をして名義変更をすることが必要です。遺産分割協議書の名義と不動産登記簿の名義が一致した時点で、相続した家は売却できるようになります。

数人で家を相続した場合は、とりあえず一人だけの名義で登録しておき、売却益を相続人同士で分配するという方法もあります。相続人が多いと、名義変更の手続きで揉めてしまう可能性がありますが、この方法だと名義変更を巡るトラブルを回避することができ、スムーズに相続した家を売却することができます。

相続した家を売却するまでの流れ ~不動産の売却~

不動産は、必ずしも希望通りの価格で売却できるわけではないため、売却をする際は事前にしっかりと相場を調べることが大切です。売却可能な価格がわかれば不動産会社に査定をしてもらった上で、売却を依頼します。

その後は、不動産会社の店舗で媒介契約を締結し、売り出し価格を決めて不動産を市場に売り出します。購入希望者が見つかったら物件情報を開示して、買主との間で売買契約を締結します。不動産の引き渡し日になると売買代金を受領でき、所有権移転登記をして買主の名義に変更すれば完了です。

相続した家を売るまでには、上記のように色々な手続きが必要になってきますが、名義変更が終われば通常の売却方法と同じです。相続した土地や空き家の売却をご検討されている方は、よくばり売却ドットコムにご相談ください。

お客様の不動産が「早く」「高く」「確実」に売れるよう、手厚くサポートいたします。「他社で売却が難しいと言われたがなぜだかわからない」「築古の空き家だけど売却したい」など、ご質問・ご要望がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

相続した土地・空き家の売却をお考えならよくばり売却ドットコムにご相談を

会社名 株式会社カンシンホールディングス
住所 〒273-0035 千葉県船橋市本中山1-6-15
事業所
  • 本中山事務所(千葉県船橋市)
  • 高砂事務所(東京都葛飾区)
  • 麻布事務所(東京都港区)
事業内容
  • 一級建築士事務所
  • 不動産売買
  • 賃貸管理
  • 住宅維持管理
  • 投資運用コンサルティング
  • シェアハウス運営
TEL
  • 047-711-3441
  • ※営業の電話は固くお断りしております。
FAX 047-314-8861
URL https://よくばり売却.com/
不動産仲介無料査定 こちらをクリックしまして、フォームよりご連絡下さい
お問合せ・相談予約 お問合せフォームよりご連絡下さい

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始